「サード・ガール」の版間の差分

編集の要約なし
{{漫画}}
『'''サード・ガール'''』は[[1984年]]に[[西村しのぶ]]が「COMIC劇画村塾」([[小池書院|スタジオシップ]])で連載を開始した漫画。
 
==概要==
COMIC劇画村塾[[1984年]]4月号に掲載されたデビュー作『D-アウト』の設定をそのまま引き継ぎ、同誌[[1984年]]6月号の第1話「右手に美也」より月刊連載化。[[神戸市|神戸]]というスタイリッシュな舞台設定、[[ブランド]][[ファッション]]、[[事実婚]]など、当時の感覚にマッチした絵柄やストーリーが評判を呼び、[[カルト]]的な人気を博した。
 
2007年現在、スタジオシップからのコミック8巻(絶版)、小池書院からの文庫版6巻および「完全版」と銘打ったA5版8巻が刊行されている(詳細は後述)。
{{ネタバレ}}
== あらすじ ==
大人の恋愛関係にある工学部生の涼と美也に、中学生の夜梨子が加わり、神戸を舞台に「[[プラトニックラブ|プラトニック]]な三角関係」を繰り広げる。やがて涼・美也は[[同棲]]を始め、夜梨子は高校、短大と進学しながら淡い恋愛経験を重ねていく。
 
美也と広瀬の間に見られる「若い女と中年歯科医」という恋愛関係など、後の西村作品で繰り返し用いられることになるモチーフが各所に見られる作品でもある。
{{DEFAULTSORT:さあとかある}}
[[Category:漫画作品 さ|あとかある]]
[[Category:兵庫県神戸市を舞台とした作品]]
匿名利用者