「廃用身」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
前半は、医師・'''漆原糺'''が[[出版社]]の編集部長・'''矢倉'''に説得されて執筆した“Aケア”の経緯を綴った原稿という形を取っており、後半は、前半の原稿漆原の遺稿であったこと漆原の過去や“Aケア”報道に対する彼の対応などが矢倉の視点で語られる。
 
漆原によるまえがき、矢倉による巻末解説や[[奥付]]なども書かれており、本の中に本があるような作りになっている。
匿名利用者