「オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク」の版間の差分

前出の通り、テクノカルテットとして有名なクラフトワークに強い影響を受けており、LIVEでは"Neon Lights"(クラフトワークが[[1978年]]にリリースしたアルバム『人間解体』に収録)をカヴァーするなどその影響ぶりの強さは計り知れないものがある。 一般受けするポップフォーマットの音楽も発表しているが、[[1982年]]にリリースされたアルバム『Dazzle Ships』等には実験的な色合いも強く残されている。
 
2008年発表のLIVE盤『Architecture&Morality』に収録の"Joan of Arc (Maid of Orleans)"は、大幅な[[ドイツ]]のバンド「グレゴリアン([http://en.wikipedia.org/wiki/Gregorian_%28band%29 Gregorian])」によってグレゴリア聖歌風にアレンジを施されたものが、テレビ朝日で2005年から2009年3月まで月曜深夜に放送されていた「[[国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉]]」で、エンディングテーマとして使用されていたが、このアルバムは2007年ついては、日本国内でリリースされていない「Masters Of Chant: Chapter 6」の日本国内盤のボーナストラックとして権利関係、演奏者等同番組詳細は不明オープニングテーマ曲である[[ヤズー]]の[http://en.wikipedia.org/wiki/Only_You_%28Yazoo_song%29 Only You]と共に収録されている。なお同曲は「メイド・オブ・オルレアン」と紹介されることもあるが、英語読みで統一して「メイド・オブ・オーリーンズ」という方が適切かもしれない。
 
== ディスコグラフィー ==
8

回編集