「柔道」の版間の差分

 
=== 当身技(あてみわざ) ===
当身技もしくは当技(あてわざ)とは、[[急所]]といわれる相手の生理的な弱点などを'''突く'''、'''打つ'''、'''蹴る'''などの技であり、試合や乱取りでは禁止されているが、[[柔道形|形]]の中で用いられる。急所について柔では当身の優れたテクニック同様、こういった攻撃されやすいところ(編注:急所のこと)という認識は天神真楊流から伝えられてきたものであるしてう説がある<ref>講道館(1995)『決定版 講道館柔道』講談社 第9章当身技、144ページ</ref>。一方、空手界側からは、柔道の当身技は[[唐手]](現・[[空手]])の影響を受けているという説も唱えられている<ref>儀間真謹・藤原稜三『対談近代空手道の歴史を語る』ベースボール・マガジン社、1986年、110、111頁参照。</ref>。
<BR>
 
匿名利用者