「自衛隊格闘術」の版間の差分

 
=== 自衛隊銃剣格闘 ===
現在の自衛隊では、[[日本軍|旧日本軍]]の銃剣術を元に、戦後[[武道]]として競技化した[[銃剣道]]と、[[戦後]]に制定された自衛隊銃剣格闘の両方が実施されている。特に、銃剣道の練成は普通科中隊を中心に盛んに行われており、中隊の団結心の向上に一役買っている。
 
銃剣道の攻撃方法が銃剣の刃部にあたる先端(タンポ)による刺突のみであるのに対して、自衛隊銃剣格闘は、銃剣の刃による刺突に加え、斬撃、防御、[[銃床]]による打撃、銃全体を用いた打撃や刺突して銃を撃つこと動作まで含まれる実践的な内容となっている。
 
=== 自衛隊短剣格闘 ===
1,765

回編集