メインメニューを開く

差分

歴史
『現代用語の基礎知識』は[[第二次世界大戦]]終了後の[[1948年]][[10月10日]]、『自由国民』第14号として時局月報社から発行された<ref name="history">[http://www.jiyu.co.jp/company/ 会社概要]</ref>。当時は長い[[軍国主義]]の時代、[[英語]]禁止の時代が終わり、新たに民主主義的な制度改革が行われるとともに世相も変転し、[[連合国軍最高司令官総司令部|GHQ]]関連などの新しい風俗、言葉が次々に生まれる時代であった。
 
創刊以来、毎年改定を加えられており、[[1949年]]からは年末に発行するようになった。[[1965年]]までは増補版を発行していたが、[[1966年]]から年1回発行に統一された。[[新語]]・[[流行語]]を加えてページ数が増加しており、本のサイズ自体も創刊時にはB5判から[[1960年]]から以降はA5判に、[[1972年]]からB4判に拡大した。
 
===新語・流行語===
[[1984年]]からは毎年12月初旬に<ref name="history"/>、その年の世相を反映した言葉として[[新語・流行語大賞]]を選定し、発表も行っている。この年に受賞した新語は「[[おしん|オシンドローム]]」「[[中曽根康弘|鈴虫発言]]」「[[浅田彰|スキゾ・パラノ]]」「[[ソープランド|特殊浴場]]」、流行語は「[[渡辺和博|まるきん まるび]]」「[[くれない族の反乱|くれない族]]」「[[ロス疑惑|疑惑]]」「[[グリコ・森永事件|千円パック]]」「[[山本晋也|す・ご・い・で・す・ネッ]]」「[[スチュワーデス物語|教官!]]」だった<ref>[http://singo.jiyu.co.jp/ ユーキャン新語・流行語大賞 全受賞記録]</ref>
[[新語]]・[[流行語]]を加えてページ数も増加しており、現在では本の形態(書店では[[本|書籍]]ではなく[[雑誌]]扱い)のみでなく、CD-ROM版やWeb版(有料)もある。
 
2003年に自由国民社が[[ユーキャン]]と出版事業で提携したため<ref>[http://www.u-can.co.jp/company/shingo.html 流行語大賞について]</ref>、「現代用語の基礎知識選 生涯学習のユーキャン 新語・流行語大賞」、2004年からは「現代用語の基礎知識選 ユーキャン流行語大賞」へと改称している。また[[2006年]]版から[[2008年]]版には、インターネットの[[Consumer Generated Media]]コンテンツである「[[はてなのサービス一覧#はてなキーワード|はてなキーワード]]」の一部が収録されていた<ref>[http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050711/1121066011 『現代用語の基礎知識2006』へのはてなダイアリーキーワードの掲載について]</ref><ref>[http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050906/1125977464 『現代用語の基礎知識2006』掲載キーワード発表]</ref>。 本の形態(書店では[[本|書籍]]ではなく[[雑誌]]扱い)のみでなくCD-ROM版もあり、2008年には「JEPA [[電子出版]]アワード2008」のロングセラー賞に選ばれた<ref>[http://www.jepa.or.jp/award/2008.html 電子出版アワード2008受賞作品発表]</ref>。このほかに有料のウェブ版がある。
[[1984年]]からは毎年12月初旬に<ref name="history"/>、その年の世相を反映した言葉として[[新語・流行語大賞]]を選定し、発表も行っている。この年に受賞した新語は「[[おしん|オシンドローム]]」「[[中曽根康弘|鈴虫発言]]」「[[浅田彰|スキゾ・パラノ]]」「[[ソープランド|特殊浴場]]」、流行語は「[[渡辺和博|まるきん まるび]]」「[[くれない族の反乱|くれない族]]」「[[ロス疑惑|疑惑]]」「[[グリコ・森永事件|千円パック]]」「[[山本晋也|す・ご・い・で・す・ネッ]]」「[[スチュワーデス物語|教官!]]」だった。
 
2003年に自由国民社がユーキャンと出版事業で提携したため<ref>[http://www.u-can.co.jp/company/shingo.html 流行語大賞について]</ref>、「現代用語の基礎知識選 生涯学習のユーキャン 新語・流行語大賞」、2004年からは「現代用語の基礎知識選 ユーキャン流行語大賞」へと改称している。また[[2006年]]版から[[2008年]]版には、インターネットの[[Consumer Generated Media]]コンテンツである「[[はてなのサービス一覧#はてなキーワード|はてなキーワード]]」の一部が収録されていた<ref>[http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050711/1121066011 『現代用語の基礎知識2006』へのはてなダイアリーキーワードの掲載について]</ref><ref>[http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050906/1125977464 『現代用語の基礎知識2006』掲載キーワード発表]</ref>。
 
==同様の本==
 
==外部リンク==
*[http://www.bitway.ne.jp/jiyu/gendaiyogo/ 公式サイト現代用語の基礎知識WEB版]
 
{{デフォルトソート:けんたいようこのきそちしき}}
匿名利用者