「別所重宗」の版間の差分

編集の要約なし
'''別所 重宗'''(べっしょ しげむね、[[享禄]]2年([[1529年]]) - [[天正]]19年[[6月6日 (旧暦)|6月6日]]([[1591年]][[7月26日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]・[[安土桃山時代]]の[[武将]]、[[大名]]。名は重棟とも。[[別所就治]]の3男。兄に[[別所安治|安治]]、[[別所吉親|吉親]]。妻は[[福島正信]]の娘。子に[[別所吉治|吉治]]、[[別所宗治|宗治]]、[[別所重家|重家]](旗本、新井別所氏祖、家禄美濃5郡1000石)、[[別所信範|信範]]、[[福島正之]]。
 
[[元亀]]元年([[1570年]])、甥の[[別所長治]]が家督を継ぐと次兄と共に、その補佐役となった。
[[元亀]]元年([[1570年]])、甥の[[別所長治]]が家督を継ぐとその補佐役となった。[[永禄]]11年([[1568年]])に[[織田信長]]が[[足利義昭]]を奉じて上洛した際には別所一門を率いて馳せ参じるなど別所氏が信長に従っていた時期にはその外交を担当していたが、信長と[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]を快く思っていなかった兄の吉親とは折り合いが悪く、長治が信長に反逆するとこれに反対して自ら浪人となった。
 
[[元亀]]元年([[1570年]])、甥の[[別所長治]]が家督を継ぐとその補佐役となった。[[永禄]]11年([[1568年]])[[織田信長]]に擁されて上洛した[[足利義昭]]を奉じて上洛した際にはの下へ別所一門を率いて馳せ参じるなど別所氏が信長に従との協調路線を採っていた時期に頃の別所氏でその外交を担当していた。しかしその間、信長と[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]を快く思っていなかった兄の吉親とは折り合いが悪く、かった。そして総領の長治が信長に反逆([[三木合戦]])するとこれに反対して自ら浪人となった。
 
天正13年([[1585年]])、秀吉によって[[但馬国]]内に15000石を与えられる。その後は秀吉の家臣として[[九州の役|九州征伐]]や[[小田原の役|小田原攻め]]に従軍した。そして[[堺市|堺]]に隠居したという。
匿名利用者