「山梨県道20号甲斐早川線」の版間の差分

→‎概要: 路線全体の加筆。
m (リンク修正)
(→‎概要: 路線全体の加筆。)
 
== 概要 ==
起点は交通量の多い国道20号線竜王立体となる。県道は西の山側へ向うが、県道とは逆側の甲府方面へ[[国道52号線]]が伸びる。この接続する道路はユーザーにとっては一本の道路として見なされ、[[南アルプス]]側からは[[竜王]]方面[[甲府]]方面にアクセスする場合に多く用いられている路線である。
[[南アルプス市]]から、[[中央本線]][[竜王駅]]にアクセスする場合に多く用いられている路線である。信玄橋を通り南アルプス市を東西に横断し、その後[[御勅使川]]に沿って芦安地区まで通じている路線である。
 
古くからある大型[[パチンコ]]店から、90年代から[[釜無川]]に架かる[[信玄橋]]まで順次拡張工事が行われた区間を走行する。信玄橋手前は両端区間が付け替え前は狭隘な区間であったが、現在は走りやすい区間となっている。信玄橋は旧橋の北側に1992年に架け替えられ、両側に歩道を持つ幅の広い橋となったが、旧橋は2車線とは言え車線幅が狭かった上に芦安方面から間断なく通行するダンプ等大型車で路面の磨耗が激しく通行に支障をきたしていた。トラス橋であったため拡幅は難しく架け替えとなった(上流にある[[武田橋]]も同様の状況だったが通常の桁橋だったため拡幅工事のみで架け替えにはならなかった)。
 
信玄橋を渡ると旧[[八田村 (山梨県)|八田村]]区間となり、徐々に[[御勅使川]]の作った[[扇状地]]を高度を上げて登っていく。2006年に釜無川西岸へ移転し放置された状態の旧[[山梨県運転免許センター]]を通過し、国道52号線バイパス[[甲西道路]]および[[中部横断自動車道]]と交差すると旧[[白根町]]区間に入る。
 
旧白根町区間に入ると、路線はひたすら直線で西へ扇状地を緩やかに登る形となる。この道路は御勅使川が作り出した旧流路をそのまま道路に転用したものである。また交通量が比較的多く[[オギノ]]や[[サンロード]]などの店舗が多い区間となる。六科交差点で国道52号線と直交した後、[[徳島堰]]まで直線となるがこのまま芦安や韮崎方面へ向う多くのユーザーはここで県道を離れ右折して[[山梨県立わかば支援学校|県立わかば支援学校]]手前で90度カーブする道へ入る。この道は芦安入口交差点で[[山梨県道12号韮崎南アルプス中央線|山梨県道12号線]]と直交して再び県道20号線となる。山梨県道20号線は「南アルプス街道」の愛称があるが、このわずかな区間の部分のみ愛称の指定区間が県道を外れ、この道が「南アルプス街道」の愛称を指定されている。現道はそのまま少し南へ折れる形で直進し、源の[[丁字路|T字交差点]]で北へ曲がり、少しの間に県道12号線と共有区間となる。芦安入口交差点で県道12号線と別れ、再び西へ向いしばらくすると旧[[芦安村]]区間となる。
 
旧芦安村区間に入ると御勅使川と併走する形となる。上流に入ると走路を川の北縁南縁へと何度か変え、山深くなってきて芦安小学校付近で2車線区間が終了すると終点となる。
 
なお、[[山梨交通]]が[[JR]][[甲府駅]]から国道52号線および県道20号線に完全に添う形で定期バスを運行しているが、夏の登山シーズンのみ県道20号線を越えて更に奥の[[夜叉神峠]]、[[広河原]]方面へ向う路線を設定している。県道20号線より奥の夜叉神峠へ向う区間は一般車通行禁止となっており、このバスが唯一の交通機関となる。
 
=== 路線データ ===
* 起点:山梨県[[甲斐市]]竜王新田(竜王立体=[[国道20号]]交点、[[国道52号]]交点)
6

回編集