「権助」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎性格: typo)
'''権助'''(ごんすけ)は[[落語]]に登場する架空の人物。[[定吉]]と並ぶ、落語に出てくる奉公人の名キャラクターである。[[江戸落語]]で主に登場する<ref name="a">『落語古典語典』 94頁。</ref>。
 
== キャラクター ==
=== 性格 ===
元々「権助」という名前は個人名というより、地方出身の商家の使用人(特に飯炊き専門に雇われた男<ref>『落語国・紳士録』 171頁。</ref>)の総称で、職業名を示す[[普通名詞]]だった。<br />この権助も、奉公先の家の人々の間で活躍する[[脇役]]である<ref name="b">『落語登場人物辞典』 67頁。</ref>。
 
[[田舎]]の出身で、非常にまじめな性格でもあり、「奉公人が三日たたないうちに逃げ出す」という人使いの荒い家で3年間勤め上げたことがある<ref name="b"/>。
<!-- 一人称は「おら」の場合が多い。頭が回り、おまけに弁の立つ知恵者。あまりなめてかかると、かえってえらい目にあうことが多い。村にいた時分は芝居に出ていたららしく、「代役」として舞台に出て大失敗をやらかした事も。商家の、旧弊でせせこましい習俗をニヒルに茶化し、あざ笑う一種の批判者として登場している。何のかんのと言いつつ、主への忠誠は非常に高い。 -->
<!-- === 職業 ===
<!-- === 主役または準主役として登場する噺 === このように分類した上で書かれている文献をご存知の方はご提示願います。-->
*『[[権助芝居]]』<ref name="a"/>:芝居の代役を頼まれ、おかしな演技で大暴れ。
*『[[権助魚]]』<ref name="c">『落語登場人物辞典』 68頁。</ref>:浮気をしている主に意見をするが、結局は浮気の片棒を担がされてしまう。
*『[[権助提灯]]』<ref name="c"/>:浮気旦那の提灯持ちを勤める。
*『[[蒟蒻問答]]』<ref name="c"/>:[[八五郎]]と競演。八五郎が坊主を勤めることになったお寺の下男を勤める。
*『[[しの字嫌い]]』<ref name="b">『落語人物事典 上』 179頁。</ref>:生意気な性格を矯正しようと思い立った、岩田の隠居と知恵比べ。
*『[[化け物使い]]』<ref name="c"/>:凄まじく人使いの荒い隠居のところへ奉公する。
*『[[一つ穴]]』<ref name="c"/>::主の浮気を手伝わされ、主のかみさんに攻め立てられる。
*『[[和歌三神]]』<ref name="c"/>:主と雪見に出かける。
<!--=== 脇役として登場する噺 ===
演者によっては全く登場しなかったり別の名前だったりする。-->
* 『[[かつぎや]]』<ref name="c"/>:超極端な「縁起担ぎ」である旦那に、物騒な事ばかり連呼して怒らせてしまう。
* 『[[宗論 (落語)|宗論]]』<ref name="c"/>:「[[浄土真宗]]」の信者である主と、「[[キリスト教]]」信者である若旦那の親子喧嘩に割って入る。
* 『[[味噌蔵]]』<ref name="c"/>:「ケチの標本」のような赤螺屋(あかにしや)ケチ兵衛という人に仕えている。
<!-- * 『[[ちしゃ医者]]』:藪医者の下男として登場。←紹介している文献がないのでコメントアウト。-->
== 脚注 ==
 
== 参考文献 ==
*[[北村一夫]] 『落語人物事典 上』 [[社会思想社]]〈現代教養文庫〉、1978年。
*[[北村一夫]] 『落語古典語典』 [[柏書房]]、1982年。
*[[安藤鶴夫]] 『落語国・紳士録』 [[平凡社]]、2000年。ISBN 4-582-76352-9
*[[高橋啓之]] 『落語登場人物辞典』 [[東京堂出版]]、2005年。ISBN 978-4-490-10667-1
 
{{DEFAULTSORT:こんすけ}}
匿名利用者