「ウイマム」の版間の差分

m
ウイマムの語源としては、[[日本語]]の「ういまみえ(初見)」「おめみえ(御目見得)」の転訛説と[[アイヌ語]]の「交易」を意味する語とする説がある。
 
[[元和 (日本)|元和]]元年([[1615年]])、アイヌの首長が松前藩主・[[松前公広]]に拝謁して[[海獺]]の毛皮を献上したのを機にアイヌによる松前藩へのウイマムが開始されたが、後に松前藩([[江戸幕府]]直轄時代は[[松前奉行]])が[[蝦夷地]]支配の手段として用いられるようになると、藩主がアイヌに謁見する「謁見礼」「目見得礼」へと転化していった。松前奉行支配の[[文化 (日本元号)|文化]]13年([[1816年]])は蝦夷地の[[場所請負制|場所]]を5つに分けて、漁閑期にあたる[[7月 (旧暦)|7月]]から[[9月 (旧暦)|9月]]に交替でウイマムを行わせた。また、幕府の[[巡検使]]に対するウイマムも行われた。
 
アイヌからの献上品は毛皮や海産物・工芸品など、松前藩・松前奉行からの下賜品は拝謁者の身分によって異なるものの、[[陣羽織]]・[[漆器]]・[[煙草]]・酒などであった。
336,840

回編集