「第27回全日本吹奏楽コンクール課題曲」の版間の差分

朝日新聞社(全日本吹奏楽連盟ではない)の公募により山本信一が作曲した作品を、[[湯山昭]]が補作、[[岩河三郎]]が編曲したもの。
 
4分の4拍子による行進曲である。
 
 
入選行進曲の初演の詳細:
**********
 
初演は1979年1月25日。入選行進曲発表演奏会と題して、大阪のフェスティバルホールで朝比奈隆/大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー合唱団により、入選行進曲の初演が行われた。合唱部分は「ひーろがる。ひろがる。。。。」、「かーがやく。かがやく」。。。。の歌詞の繰り返しを3回を経て、オーケストラによるコーダで終わる。本コンサートでは続けてワーグナー/楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」前奏曲が演奏され、休憩を挟んでドボルザーク/交響曲第9番「新世界」が演奏された。この初演は、朝日新聞による応募葉書により無料で初演演奏会を聴くことが可能であった。なお、***以降に追記した筆者は、この初演コンサートを聴講し、自主的にステレオライブ録音を取得して個人鑑賞ライブラリーとしてのみ保管聴講できる状態で保管している。
 
4分の4拍子による行進曲である。
 
== 作品の評価、コンクールでの演奏 ==
匿名利用者