「琉球の位階」の版間の差分

[[画像:位階別冠(ハチマチ).JPG|thumb|180px|琉球國の位階別冠(ハチマチ) 首里城で撮影]]
[[image:Dress_of_Oji_and_Aji.jpg|thumb|王子按司大礼服並通常服着装図。右が大礼服(五色浮織冠に緑袍)、左が通常服。]]
国王の親族で、[[九品十八階]]のさらに上位に位置し、最高品位の無品(むほん)とされた。王子や按司は国王の親族のため、公平性を期すために最高職である[[摂政]]を例外とすれば、国政に直接携わる要職などにはつかず、儀典関係や防災の長官職につくことが多かった。王子、按司は一[[間切]](今日の[[市町村]])を采地(領地の意)として与えられ、それぞれ、'''王子地頭'''、'''按司地頭'''と呼ばれた。一般にはこの二つを一括して、按司地頭と呼ぶ。王子、按司は、采地名から、宜野湾王子、本部按司などと称した。また、王子、按司の邸宅は'''[[御殿 (沖縄)|御殿(ウドゥン)]]'''と呼ばれ、これがそのままその家柄の尊称にも使われた。[[宜野湾御殿]]、[[本部御殿]]のごとくである。なお馬氏[[国頭御殿]]は王族以外の御殿家としては唯一の例外である。
 
*'''王子'''(オージ)
:琉球で王子の称号が使われ出したのは、[[明]]の[[冊封]]を受けて、王号が使われ出した頃からと言われている。それ以前は、王や王子、各地の支配者も皆、単に按司と称していた。[[第一尚氏]]王統下でも、王の子はすべて王子を称しているわけではなく、按司や称号なしの人物も見受けられる。
 
:古くは王子と書いてアンジと発音し、当初は按司との明確な区別はなかったとされる。[[玉陵の碑文]]([[1501年]])に「中くすくのあんし まにきよたる(中城の按司(王子)・真仁堯樽、後の[[尚清]])などと記されていることからも、この事実は確認できる。
 
:王子位は、他に功績のあった按司、[[江戸上り]]の正使に任命された者、摂政に就任した按司なども賜った。この場合は、従王子と呼ばれた。[[羽地王子朝秀]]などがその例である。王子は赤地金入五色浮織冠を戴き、金簪を差した。
:王族のうち、王子に次ぐ称号および位階名で、王子や按司の嗣子がなった。つまり、按司は王家の分家当主が賜るもので、日本の[[宮家]]当主に相当する。按司はアジまたはアンジと発音し、主(あるじ)からの転訛とも言われている。それゆえ、按司は当て字である。
 
:前項で述べたとおり、元来、[[按司]]は地方の支配者やその家族など、支配者階級にある人物の称号であったが、第二尚氏王統下になると、もっぱら王族の称号および位階名となっていった。当初は按司の子は皆按司を称したが、[[尚貞]]王の治世の[[1692年]]以降、[[嗣子]]のみが称するように改められた。これには王府財政の問題が関わっていたとされる。按司は大功があると王子位に陞(のぼ)ることもあったが、歴代当主に功績がなければ、七代で士分に降格となった。赤地五色浮織冠か黄地五色浮織冠を戴き、金簪を差した。
 
===上級士族===
1,472

回編集