「マラスキーノ」の版間の差分

m
 
== 概説 ==
マラスキーノは、[[イタリア]]北部の[[トリエステ]]近郊や、[[クロアチア]]、[[スロベニア]]などの名産として知られる。もともとマラスキーノは、アドリア海を挟んでイタリアの向かい側に位置するダルマチア地方で、神のお酒として伝統的に作られてきたリキュールであった<ref>ルクサルド・マラスキーノ http://www.dover.co.jp/discovery/?vol=2</ref>
製造過程でサクランボの[[種子]]を破砕するため、[[アーモンド]]に似た独特の香気を呈するのが特徴。日本で「チェリー・ブランデー」というと、このマラスキーノのことを指すことが多い。なお[[マラスキーノ・チェリー]]は、本来このマラスキーノに浸漬して作るものだった。
 
2

回編集