「熊本県第2区」の版間の差分

編集の要約なし
|[[福嶋健一郎]]([[民主党 (日本 1998-)|民主党]])
}}
'''熊本県第2区'''(くまもとけんだい2く)は[[日本]]の[[衆議院議員総選挙]]における[[選挙区]]。[[1994年]]([[平成]]6年)の[[公職選挙法]]改正ある設置
 
== 地域 ==
* [[熊本市]]の西部 
* [[荒尾市]] 
* [[玉名市]]
* [[玉名郡]][[長洲町]]・[[南関町]]・[[和水町]]・[[玉東町]]
 
== 歴史 ==
[[熊本市]]・[[荒尾市]]などを中心とした都市部と[[玉名市]]・[[玉名郡]]を中心とした農村部が混在する地域である。玉名市郡を中心に[[保守]]地盤が厚く、過去4回の選挙ではいずれも保守系の候補者(42回以降野田と林田が[[コスタリカ方式]]で出馬)が小選挙区を制していたが、都市部を中心に無党派層が増加。2003年の総選挙では、この選挙区から出馬した[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]候補が比例代表で復活当選し、2004年以降の参院選では、いずれも民主党候補が[[自由民主党 (日本)|自由民主党]]候補を上回る得票を獲得している。さらに、2009年の小選挙区では民主党が初めて議席を獲得するなど徐々に変化が見られる。
 
 
== 選挙結果 ==
{| class="wikitable" style="margin: 1em;"
|+ [[第45回衆議院議員総選挙]] (2009年08月30日実施)
!当落!!得票!!得票率!!候補者!!年齢!!政!!議員!!惜敗率
|- style="font-weight:bold;"
|当||style="text-align: right;"|104,876||50.4%||[[福嶋健一郎]]||style="text-align: right;"|43 ||[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]||新||
|当
|style="text-align: right;"|104,876||50.4%||[[福嶋健一郎]]||style="text-align: right;"|43 ||[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]||新||
|-
|||style="text-align: right;"|99,933||48.0%||[[林田彪||style="text-align: right;"|65]]||[[自由民主党 (日本)|自由民主党]]||前||
|
|style="text-align: right;"|99,933||48.0%||林田彪||style="text-align: right;"|65||[[自由民主党 (日本)|自由民主党]]||前||
|-
|||style="text-align: right;"|3,354||1.6%||馬群賢一||style="text-align: right;"|45||[[幸福実現党]]||新||
|
|style="text-align: right;"|3,354||1.6%||馬群賢一||style="text-align: right;"|45||[[幸福実現党]]||新||
|}
 
{| class="wikitable" style="margin: 1em;"
|+ [[第44回衆議院議員総選挙]] (2005年09月11日実施)
!当落!!得票!!得票率!!候補者!!年齢!!政!!議員!!惜敗率
|- style="font-weight:bold;"
|当||style="text-align: right;"|112,549||55.78%||[[野田毅||style="text-align: right;"|63]]||自由民主党||前||
|当
|style="text-align: right;"|112,549||55.78%||野田毅||style="text-align: right;"|63||自由民主党||前||
|-
|||style="text-align: right;"|79,793||39.55%||[[松野信夫||style="text-align: right;"|54]]||民主党||前||70.8
|
|style="text-align: right;"|79,793||39.55%||松野信夫||style="text-align: right;"|54||民主党||前||70.8
|-
|||style="text-align: right;"|9,432||4.67%||[[上野哲夫]]||style="text-align: right;"|51||[[日本共産党]]||新||
|
|style="text-align: right;"|9,432||4.67%||[[上野哲夫]]||style="text-align: right;"|51||[[日本共産党]]||新||
|}
* 松野は[[第21回参議院議員通常選挙]]に立候補し、当選。
 
{| class="wikitable" style="margin: 1em;"
|+ [[第43回衆議院議員総選挙]] (2003年11月09日実施)
!当落!!得票!!得票率!!候補者!!年齢!!政!!議員!!惜敗率
|- style="font-weight: bold;"
|当||style="text-align: right;"|95,233||||[[林田彪]]||style="text-align: right;"|59||自由民主党||前||
|当
|style="text-align: right;"|95,233||||[[林田彪]]||style="text-align: right;"|59||自由民主党||前||
|- style="font-weight: bold;"
|当(比)||style="text-align: right;"|75,517||||松野信夫||style="text-align: right;"|52||民主党||新||
|復活
|style="text-align: right;"|75,517||||松野信夫||style="text-align: right;"|52||民主党||新||
|-
|||style="text-align: right;"|9,829||||[[前田正治]]||style="text-align: right;"|49||日本共産党||新||
|
|style="text-align: right;"|9,829||||[[前田正治]]||style="text-align: right;"|49||日本共産党||新||
|}
 
{| class="wikitable" style="margin: 1em;"
|+ [[第42回衆議院議員総選挙]] (2000年06月25日実施)
!当落!!得票!!得票率!!候補者!!年齢!!政!!議員!!惜敗率
|- style="font-weight:bold;"
|当||style="text-align: right;"|106,129||||野田毅||style="text-align: right;"|58||[[保守新党|保守党]]||前||
|当
|style="text-align: right;"|106,129||||野田毅||style="text-align: right;"|58||[[保守新党|保守党]]||前||
|-
|||style="text-align: right;"|50,604||||[[松野信夫]]||style="text-align: right;"|49||民主党||新||
|
|style="text-align: right;"|50,604||||[[松野信夫]]||style="text-align: right;"|49||民主党||新||
|-
|||style="text-align: right;"|11,644||||[[山本伸裕]]||style="text-align: right;"|36||日本共産党||新||
|
|style="text-align: right;"|11,644||||[[山本伸裕]]||style="text-align: right;"|36||日本共産党||新||
|-
|||style="text-align: right;"|7,375||||[[高野香代子]]||style="text-align: right;"|48||[[自由連合 (政党)|自由連合]]||新||
|
|style="text-align: right;"|7,375||||[[高野香代子]]||style="text-align: right;"|48||[[自由連合 (政党)|自由連合]]||新||
|}
 
{| class="wikitable" style="margin: 1em;"
|+ [[第41回衆議院議員総選挙]] (1996年10月20日実施)
!当落!!得票!!得票率!!候補者!!年齢!!政!!議員!!惜敗率
|- style="font-weight:bold;"
|当||style="text-align: right;"|97,242||||[[野田毅]]||style="text-align: right;"|55||[[新進党]]||前||
|当
|style="text-align: right;"|97,242||||[[野田毅]]||style="text-align: right;"|55||[[新進党]]||前||
|-
|||style="text-align: right;"|79,249||||林田彪||style="text-align: right;"|52||自由民主党||新||
|
|style="text-align: right;"|79,249||||林田彪||style="text-align: right;"|52||自由民主党||新||
|-
|||style="text-align: right;"|8,983||||[[立石武博]]||style="text-align: right;"|62||日本共産党||新||
|
|style="text-align: right;"|8,983||||[[立石武博]]||style="text-align: right;"|62||日本共産党||新||
|-
|||style="text-align: right;"|8,393||||[[栗原隆]]||style="text-align: right;"|35||[[新社会党]]||新||
|
|style="text-align: right;"|8,393||||[[栗原隆]]||style="text-align: right;"|35||[[新社会党]]||新||
|}
 
== 関連項目 ==
* [[熊本県選挙区]]
 
{{衆議院小選挙区一覧}}