「カルロス・スリム」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 変更: lt:Carlos Slim)
| footnotes =
}}
'''カルロス・スリム・ヘル'''(Carlos Slim Helú, [[1940年]][[1月28日]] - )は、[[メキシコシティ]]生まれビジネスマン実業家。[[スペイン語]]読みでは'''カルロス・エスリム・エル''' [ˈkarlos eˈslim eˈlu] 。
 
[[テルメックス]]、[[テルセル]] ([[w:Telcel|Telcel]]) 、[[アメリカ・モービル]] ([[w:América Móvil|América Móvil]]) を所有し、[[ラテンアメリカ]]の通信産業に多大な影響を持つ。その経営に積極的に関与しているが、日常業務は三人の息子、カルロス・スリム・ドミット、マルコ・アントニオ・スリム・ドミット、パトリック・スリム・ドミットにまかせている。
==人物==
 
2007年8月の[[フォーブス (雑誌)|フォーブス]]によれば、以前は第三位だったが、[[マイクロソフト]]の[[ビル・ゲイツ]]を抜いて世界一位(総資産約 8 兆 3000 億円)の[[富豪]]となった。しかし、フォーブスの2008年版長者番付では二位に順位を下げた。その後、2010年度版長者番付で資産総額 535 億ドル(約 4 兆 8000 億円)で再び首位に返り咲いた。2011年度版の世界長者番付では、さらに資産を上げ、740 億ドル(約 6 兆 2000 億円)で前年度に引き続き首位となっている。2012年度版の世界長者番付では、690億ドル(約 5 兆 6000億円)で世界長者番付3年連続一位を獲得した<ref>[http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82701120120308 ロイター『メキシコの富豪スリム氏、世界長者番付で3年連続1位』]</ref>。[[ラテンアメリカ]]の通信産業に多大な影響を持つ。
== 来歴 ==
カルロス・スリムは[[1940年]]、[[メキシコシティ]]にて[[レバノン]]から移住した[[マロン派]]キリスト教徒の両親の下に生まれる<ref name="Bone">{{cite|newspaper=The Times |location=London |url=http://business.timesonline.co.uk/tol/business/entrepreneur/article7057516.ece |date=March 11, 2010 |title=Mexican mogul Carlos Slim got his big break in sell-off of national telephone firm |first=James |last=Bone |accessdate=June 17, 2011}}</ref><ref>{{cite journal |magazine=Time Magazine |location=United States |url=http://www.time.com/time/business/article/0,8599,1642286,00.html|date=July 11, 2007 |title=Carlos Slim's Embarrassment of Riches|first=Tim |last=Padgett |accessdate=June 17, 2011}}</ref>。カルロスの父フリアン・スリム・ハッダードは[[1902年]]、14歳の時にメキシコに移住した<ref name="Bone"/>。当時[[オスマン帝国]]による徴兵から逃れるため、子供を海外に移住させることは珍しいことではなく、フリアンの4人の兄も先に移住していた<ref>{{Cite web |url=http://www.carlosslim.com/biografia_ing.html |title=Biography |publisher=Carlos Slim Helú |accessdate=February 19, 2011}}{{verify credibility|date=April 2011}}</ref>。[[メキシコ自治大学]]で[[工学]]を学ぶ傍ら、大学にて[[代数学]]と[[線形計画問題]]について教鞭をとっていた。
 
== 個人資産 ==
2007年8月の[[フォーブス (雑誌)|フォーブス]]によれば、以前は第三位だったが、[[マイクロソフト]]の[[ビル・ゲイツ]]を抜いて世界一位(総資産約 8 兆 3000 億円)の[[富豪]]となった。しかし、フォーブスの2008年版長者番付では二位に順位を下げた。その後、2010年度版長者番付で資産総額 535 億ドル(約 4 兆 8000 億円)で再び首位に返り咲いた。2011年度版の世界長者番付では、さらに資産を上げ、740 億ドル(約 6 兆 2000 億円)で前年度に引き続き首位となっている。2012年度版の世界長者番付では、690億ドル(約 5 兆 6000億円)で世界長者番付3年連続一位を獲得した<ref>[http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82701120120308 ロイター『メキシコの富豪スリム氏、世界長者番付で3年連続1位』]</ref>。[[ラテンアメリカ]]の通信産業に多大な影響を持つ
 
[[テルメックス]]、[[テルセル]] ([[w:Telcel|Telcel]]) 、[[アメリカ・モービル]] ([[w:América Móvil|América Móvil]]) を所有し、その経営に積極的に関与しているが、日常業務は三人の息子、カルロス・スリム・ドミット、マルコ・アントニオ・スリム・ドミット、パトリック・スリム・ドミットにまかせている。
 
== 脚注 ==