「能円」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''能円'''(のうえん、[[保延]]6年([[1140年]]) - [[正治]]元年([[1199年]])は[[平安時代]]末期の[[僧侶]]。[[皇后宮亮]][[藤原顕憲]]([[藤原盛実]]の子)の子。母は[[令子内親王]]に仕えた下女(一説には[[藤原家範]]の娘)で、異父同母兄姉に[[平時子]][[平時忠]]らがある。同父異母兄弟には[[藤原盛憲]][[藤原憲親|憲親]][[藤原経憲|経憲]][[玄顕]]らがあり、息女には[[源在子|在子]](承明門院)[[藤原信子|信子]]([[堀川通具]]室)らがある。
 
異父姉の時子から目をかけられ、その養子となる。時子の夫[[平清盛]]が[[平氏政権]]を樹立していくのに従って立身し、[[法勝寺]]の[[執行]]に任ぜられる。僧侶の身ではあったが[[藤原範兼]]の娘の[[藤原範子|範子]]と結婚し、一女・在子を儲けた。範子が[[高倉天皇]]の第四皇子尊成親王の[[乳母]]になると、宮廷にも人脈を拡大した。
 
しかし、[[寿永]]2年([[1183年]])の[[伊勢平氏|平家]]一門の都落ちに従ったことから運命が暗転する。直後に尊成親王は[[後鳥羽天皇]]として即位するが、能円は遠く西海にあり、虚しくその報を聞くのみであった。やがて[[元暦]]元年([[1185年]])に[[壇ノ浦の戦い]]で平家が滅亡すると、捕虜として都に送られ、裁きの上[[備中国]]への[[流罪]]となった。
 
この間都に残っていた範子は、在子を連れて[[源通親|土御門通親]]と再婚。能円は[[文治]]5年([[1189年]])に赦免され帰洛するが、範子は既に通親との間に[[源定通|定通]][[源通方|通方]]らを産み、更に懐妊中という状態であった。在子は後鳥羽天皇の寵愛を受け、[[建久]]6年([[1196年]])に皇子為仁親王を生む。為仁親王は建久9年([[1198年]])に[[土御門天皇]]として即位し、能円は血縁上は天皇の外祖父となったが、それに相応しい厚遇を受けることはなかった。通親の権勢が増していくのを横目に、正治元年(1199年)に死去している。