「ロベール2世 (フランドル伯)」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ro:Robert al II-lea de Flandra)
'''ロベール2世'''([[フランス語]]:'''<span lang="fr">Robert II</span>''', 1065年頃 - [[1111年]][[10月5日]])は、[[フランドル伯]](在位:[[1093年]] - [[1111年]])。[[第1回十字軍]]に参加し、「[[エルサレム]]のロベール」(''<span lang="fr">Robert II de Jérusalem</span>'')として知られる。[[ロベール1世 (フランドル伯)|ロベール1世]]とその妻ゲルトルードの長男。異父姉に[[フランス王国|フランス]]王[[フィリップ1世 (フランス王)|フィリップ1世]]の王妃[[ベルト・ド・オランド]]がいる。
 
ロベール2世は[[ブロワ]]伯[[ティボー2世 (シャンパーニュ伯)|ティボー4世]]と争い、甥でもある主君のフランス王[[ルイ6世 (フランス王)|ルイ6世]]を援けたときの傷が元で、[[モー (フランス)|モー]]で死去した。ロベールは[[ブルゴーニュ伯]][[ギヨーム1世 (ブルゴーニュ伯)|ギヨーム1世]]の娘で[[教皇]][[カリストゥス2世 (ローマ教皇)|カリストゥス2世]]の姉妹であるクレマンティーヌと結婚しており、伯位はその息子[[ボードゥアン7世 (フランドル伯)|ボードゥアン7世]]が嗣いだ。
[[Category:フランドル伯]]
[[Category:フランドル家]]
[[Category:十字軍の人物]]
[[Category:11世紀生]]
[[Category:1111年没]]
{{Link FA|cs}}
匿名利用者