メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
}}
 
'''足利 義氏'''(あしかが よしうじ)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の人物で、第5代[[古河公方]](在:[[1552年]] - [[1583年]])。同名の[[足利義氏 (足利家3代目当主)|足利義氏]]から数えて14代目の子孫に当たる。父は第4代古河公方の[[足利晴氏]]、母は[[北条氏綱]]の娘の[[芳春院 (曖昧さ回避)|芳春院]]。正室は[[北条氏康]]の娘の[[浄光院殿]]。異母兄弟に[[足利藤氏]]や[[足利藤政]]がいる。
 
<small>※ 日付は、[[和暦]]による[[旧暦]]。[[西暦]]表記の部分は、[[ユリウス暦]]とする。</small>
匿名利用者