「九去法」の版間の差分

m
→‎何故うまくいくのか: 全角数字の修正
m (→‎何故うまくいくのか: 全角数字の修正)
 
計算式が正しければ、両辺は等しく、両辺に上記の操作を施した結果も等しくなる。しかし、9分の1の確率で元の数値が違っていても 9 を法とした値が同じになる場合もある。
計算結果が誤っていても正しい値と誤った値の差がちょうど9の倍数であれば9で割った余りが一致してしまうからである。
 
分数は表現が一意に定まらないため、九去法を適用できない。