「自衛隊格闘術」の版間の差分

技術体系も大幅に見直され、これまでの徒手格闘・銃剣格闘・短剣格闘という分類から、徒手技術・武器技術という分類に変更されている。同時に訓練で使用する[[防具]]もミズノ社製の軽量かつ着装しやすい防具へと変更された。肉体の損傷を防止しつつ、訓練の痛みだけを与えることができる新機軸に基づいた防具である。
 
そして、格闘研究プロジェクトチームの研究成果に基づいた新たな格闘術を{{和暦|2006}}に[[第10師団 (陸上自衛隊)|第10師団]]で試験的に導入した。{{和暦|2007}}中に教育訓練方法などを検討し、{{和暦|2008}}に全部隊で導入された。訓練履修対象は2佐以下の全陸上自衛官であり、勤務査定に導入されている。海上自衛隊および航空自衛隊でも、基地の警備等を担任する一部の自衛官に限り新格闘の訓練を実施中である。
 
=== 自衛隊格闘 徒手技術 ===
匿名利用者