「有馬氏久」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{基礎情報 武士
'''有馬 氏久'''(ありま うじひさ、[[元禄]]12年([[1699年]]) - [[明和]]8年[[2月26日 (旧暦)|2月26日]]([[1771年]][[4月10日]]))は、[[江戸時代]]の[[大名]]。[[伊勢西条藩]]の第2代藩主。氏倫系有馬家2代。
| 氏名 = 有馬氏久
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 時代 = [[江戸時代]]中期
| 生誕 = [[元禄]]12年([[1699年]])
| 死没 = [[明和]]8年[[2月26日 (旧暦)|2月26日]]([[1771年]][[4月10日]])
| 改名 =
| 別名 = 六左衛門
| 諡号 =
| 神号 =
| 戒名 = 賢道義英覚源院
| 霊名 =
| 墓所 = [[東京都]][[渋谷区]]広尾の祥雲寺
| 官位 = 従五位下、[[備後国|備後守]]。
| 幕府 =
| 主君 =
| 藩 = [[伊勢西条藩]]主
| 氏族 = [[摂津有馬氏]]
| 父母 = 父:[[渡辺泰綱]]、母:某氏<br/>養父:''[[有馬氏倫]]''
| 兄弟 =
| 妻 =正室:[[堀親賢]]の娘
[[紀州藩]]の家臣・[[渡辺泰綱]]の男。正室は[[堀親賢]]の娘。| =[[有馬氏房]](次男)、娘([[有馬光隆]]正室のち[[黒田直亨]]正室)、娘(倉橋久知室)。養子は、''[[有馬光隆|光隆]]'''''''[[有馬氏恒]]。官位は従五位下、[[備後国|備後氏恒]]守。'''''
| 特記事項 =
}}
'''有馬 氏久'''(ありま うじひさ、[[元禄]]12年([[1699年]] - [[明和]]8年[[2月26日 (旧暦)|2月26日]]([[1771年]][[4月10日]]))は、[[江戸時代]]の[[大名]]。[[伊勢西条藩]]の第2代藩主。氏倫系有馬家2代。
 
== 生涯 ==
[[紀州藩]]の家臣・[[渡辺泰綱]]の男。正室は[[堀親賢]]の娘。子に[[有馬氏房]](次男)、娘([[有馬光隆]]正室のち[[黒田直亨]]正室)、娘(倉橋久知室)。養子は有馬光隆、[[有馬氏恒]]。官位は従五位下、[[備後国|備後]]守。
[[紀州藩]]士・[[渡辺泰綱]]の子として[[紀伊国]]和歌山に生まれ、[[有馬氏倫]](のちに伊勢西条藩初代藩主)の養子となる。
 
享保2年(1717年)6月12日、将軍[[徳川吉宗]]に初謁。享保8年(1723年)3月晦日に御小納戸役となる。享保19年(1735年)12月18日、従五位下備後守に叙せられる。なお、この間の享保11年(1726年)、養父の氏倫は加増によって諸侯に列している。
初代藩主・[[有馬氏倫]]の養嗣子となって[[徳川吉宗]]に仕え、[[享保]]20年([[1736年]])1月に氏倫の死去により跡を継いだ。[[元文]]5年([[1740年]])には[[大番頭]]となる。[[宝暦]]8年([[1758年]])に大番頭を辞し、翌年6月2日に家督を養嗣子の氏恒に譲って隠居した。最初に養子とした光隆は、[[寛延]]2年([[1749年]])に廃嫡している。明和8年(1771年)2月26日、73歳で死去。法号は賢道。
 
初代藩主・[[有馬氏倫]]の養嗣子となって[[徳川吉宗]]に仕え、[[享保]]20年([[1736年]])1月に氏倫の死去により家督を継ぐ。元文元年(1737年)2月3日に正式に遺領を継いで伊勢西条藩第2代藩主となり、[[伺候席]]を[[菊間広縁]]に定められた。[[元文]]5年([[1740年]])6月20日には[[大番頭]]となる。[[宝暦]]8年([[1758年]])6月12日に大番頭を辞し、宝暦9年(17596)6月2日に家督を養嗣子の氏恒に譲って隠居した。最初に養子とした光隆は、[[寛延]]2年([[1749年]])に廃嫡している。明和8年(1771年)2月26日、73歳で死去。法号は賢道
 
== 参考文献 ==
*『[[寛政重修諸家譜]]』巻第四百七十
 
{{伊勢西条藩主|2代|1735年 - 1759年}}