メインメニューを開く

差分

m
用語修正
 
== 固定翼機 ==
固定の垂直安定板 (vertical stabilizer) と、後縁にある可動の[[ラダー (航空機)|ラダー]](rudder, 方向舵]](rudder)で構成される。
* 着陸進入時など、横風を受けながら飛ぶときはラダー方向舵を作動させて(切って)まっすぐに飛ぶ。[[横風着陸]]も参照。
* 旋回飛行中、ラダー方向舵を切ることで力のつりあいを保つ。
<!--[[日本航空123便墜落事故]]ではこの部分を破損して大部分を失い、操縦不能に陥ったのが墜落の原因とされている。-->
 
== 回転翼機 ==
[[画像:45RussianChopperJan1970.jpg|thumb|200px|right|垂直尾翼にラダー方向舵を持つ回転翼機カモフ]]
[[ヘリコプター#飛行の原理|テイルローター]]を持つ機種が殆どであるため、ラダー方向舵を持つ機体は少ない。またテイルローターによって常に機首方向を維持していることと、固定翼機にくらべて巡航速度が低いことから、垂直尾翼による風見効果はさほど期待されておらず、固定翼機に比べて小型である。
; ラダー方向舵を持つ機種(テイルローターを持たない回転翼機)
* [[2重反転プロペラ]]を持つ[[カモフ]]
* [[オートジャイロ]]
6,793

回編集