「ルイ1世 (ブルボン公)」の版間の差分

編集の要約なし
'''ルイ1世・ド・ブルボン'''(Louis IerI<sup>er</sup> de Bourbon, [[1279年]] - [[1342年]][[1月29日]])は、初代[[ブルボン公]]([[1327年]] - [[1342年]])、および[[クレルモン伯]]、ラ・マルシュ伯。[[ブルボン家]]の祖とされる。[[フランス王国|フランス]]王[[ルイ9世 (フランス王)|ルイ9世]]の末息子であるクレルモン伯[[ロベール (クレルモン伯)|ロベール]]とベアトリス・ド・ブルゴーニュの子。
 
[[エノー伯]]兼[[ホラント伯]][[ジャン2世 (エノー伯)|ジャン2世]]の娘マリー・ダヴェーヌと[[1310年]]に結婚し、4男4女をもうけた。
[[Category:クレルモン伯]]
[[Category:ブルボン家]]
[[Category:カペー朝の人物]]
[[Category:1279年生]]
[[Category:1342年没]]
匿名利用者