メインメニューを開く

差分

m
=== 治世初期(1863年~1870年) ===
[[ファイル:George of Greece 1864.jpg|thumb|right|1864年]]
17歳の新王は、[[1863年]][[10月30日]]にアテネに到着した。ゲオルギオス1世は前王の過ちを繰り返さないことを決心し、母国語の[[デンマーク語]]に加えてすぐに[[ギリシャ語]]を習得した。また、華美な服装で人前に現れる前王とは対照的に、格式張らない姿でアテネの街中に出歩いていた。ゲオルギオス1世は、前王が慌てて亡命した後に、荒れ果てた状態になっていた宮殿を目の当たりにして、混乱を平定した後に築40年となっていた建物を新しくした。また、デンマークから送られた顧問などからの干渉を受けないことを確かなものにしようとし、叔父への手紙の中でも「自分の政府の方針に対するいかなる干渉も許さない」と言い切った。
 
政治面では、議会で長引いていた憲法審議を終える為の処置を採った。[[1864年]][[10月19日]]に、ゲオルギオス1世は[[コンスタンティノス・カナリス]]首相の承認を受けた要求状を議会に送り、「私は新しい憲法が完成するということを前提に王位を受け入れたのであって、そうでない場合は“私の希望が挫折されることを意味することなので、そういう措置を受け入れる完全な自由”が欲しい」と説明した。この言葉は、ゲオルギオス1世がデンマークに帰国するということなのか、憲法を要求するということなのか意味は明らかではなかったが、いずれの事態も望ましい状況ではなかったため、議会はすぐに協定を結ぶに至った。
6,567

回編集