「防具付き空手」の版間の差分

== 歴史 ==
 
=== 戦前 ===
=== 韓武舘の成立〜全日本空手道連盟(旧)への発展 ===
[[image:Todai_kumite.jpg|280px|thumb|東大の防具付き空手試合(昭和4年)]]
[[1922年]](大正11年)、[[船越義珍]]が公相君の形を第一回体育博覧会で披露す出席を機に上京して空手の指導をはじめると、本土において若者・学生を中心に形稽古中心の沖縄空手とは異なり、約束組手に重きを置く空の創作や組試合の実現普及しつつあ試みられるようになった。
 
昭和2年([[1927年]])、[[東京大学|東京帝国大学]]の唐手研究会が独自に[[防具付き空手]]を考案し、空手の試合を行うようになった。これを主導したのは[[坊秀男]](後の和道会会長・[[大蔵大臣]])らであったが<ref>儀間真謹・藤原稜三『対談・近代空手道の歴史を語る』147頁参照。</ref>、当時この師範であった船越は激怒し、昭和4年([[1929年]])東大師範を辞任する事態にまで発展した。なお、船越が空手の試合化を否定した動機は不明だが、初期の高弟であった[[大塚博紀]]([[和道流]])や[[小西康裕 (空手家)|小西康裕]]([[神道自然流]])によると、船越は当初15の型を持参して上京したが、組手はほとんど知らなかったという<ref>『空手道』収録の寄稿文、大塚博紀「明正塾前後」の55頁、ならびに小西康裕「琉球唐手術の先達者」の58、59頁を参照。</ref>。
また、本土ではほかに摩文仁賢和や山口剛玄(剛柔会)なども独自に防具付き空手を研究していたが、制度として定着するまでには至らなかった。
いずれにしろ、戦前の空手家たちが目指したのは、防具着用による直接打撃制空手であった。
 
ほかにも、本土では[[本部朝基]]、[[摩文仁賢和]]、[[澤山宗海]](勝)山口剛玄([[剛柔流]])等が独自に防具付き空手を研究していたが、制度として定着するまでには至らなかった。また、沖縄では[[屋部憲通]]が防具を使った組手稽古を沖縄県師範学校ではじめた。いずれにしろ、戦前の空手家が目指したのは、素手・無防具によるフルコンタクト形式ではなく、防具着用による直接打撃制空手であった。
 
=== 戦後 ===
やがて'''[[韓武舘]]'''、養成館(後の'''千唐会''')、'''[[全日本少林寺流空手道連盟錬心舘|錬心舘]]'''など、空手を防具付きで競技化する団体が誕生し始めた。韓武舘は[[遠山寛賢]]の高弟である尹曦炳を館長とする無流派主義の道場であり、後に閉鎖されるも[[錬武舘]]に引き継がれ、昭和29年に空手界最初の全国大会である'''[[全国防具付空手道選手権大会|全国空手道選手権大会]]'''を開催した。
この、韓武館や錬武舘の[[防具付き空手]]を主導したのは、戦後の空手言論界をリードした[[金城裕]](当時、副館長)であった。また、日本の空手界を防具付き空手によって統一することを志した実業家の[[蔡長庚]]による支援があったことも防具付き空手の普及を後押しした。
1,554

回編集