「中点連結定理」の版間の差分

編集の要約なし
別解:[[線分]]MNを延長上にMN=NDとなる点Dをとる。[[四角形]]AMCDは、MN=ND、AN=NCであることより、[[対角線]]が各々の[[中点]]で交わるので、[[平行四辺形]]である。よってAM=CDであり、かつAB//CD。このAB//CDとAM=MBよりMB//CD、MB=CD。1辺が等しく平行なので、四角形MBCDは平行四辺形。その性質からMD//BC、よってMN//BC。またMD=BCだから2MN=BC。
 
[[画像:Tyuten_renketsu_CPP.png|left]]==逆==
==逆==
 
三角形ABCにおいて、辺ABの中点Mから引いた底辺BCの平行線と、残りの辺ACとの交点Nは、辺ACを二等分する。
匿名利用者