「利用者‐会話:MasaoYAGIHASHI」の版間の差分

はじめまして。[[user:Shizuha|静葉]]と申します。さて、あなたが執筆に参加されている[[八木橋正雄]]という記事が、削除依頼に出されております。[[ノート:八木橋正雄]]にて、あなたご自身がさらにその根拠として資料を追加されていますが、もし、あなたがその該当記事の本人であるのなら、Wikipediaには、[[Wikipedia:自分自身の記事をつくらない]]というガイドラインがあることをまずご理解下さい。また、ノートページなど、他の方々と対話を行うためのページには、末尾に必ず署名を付加するようお伝えします。文章の末尾に<nowiki>--~~~~</nowiki>と入力すればOKです。なお、Wikipediaの編集を今後も行われるのであれば、Wikipediaには、様々な方針やガイドラインが存在しており、誰もが自由に編集はできるものの、ある一定の、コミュニティが定めた一種のルールには従っていただくことをご理解下さい。--[[利用者:Shizuha|静葉]]([[利用者‐会話:Shizuha|会話]]) 2012年4月2日 (月) 07:26 (UTC)
==履歴をチェックすると解ります==
[[八木橋正雄]]という記事は、特許庁の同僚が記載したものでした。特許庁の同僚が、今回の削除依頼をその投稿翌日に発見し、特許庁の退官後に、執筆者自身でなく八木橋正雄本人が「修正」してほしい旨、連絡がきました。私は、WikipediaのUSER:の一人ですが、原文の記事は、同僚の好意で、特許庁の同僚が記載しています。しかし記載事実の裏付けはその本人しかわからないので、わかる範囲までノートを作り、その後は、当の「八木橋正雄本人」で「修正」するよう、執筆者から強く求められました。
私の記憶にない記載もかなりあります。
私は、「USER;MasaoYAGIHASHI」本人ですが、前記掲載の本文と訂正ノート記事の一部は「特許庁」のIPアドレスで同僚の記載したものです。
デリケートですが、私の特許庁の同僚は匙をなげて、『自己責任で始末するよう』私の特許庁退官後に、私にコメントの加筆をするよう依頼されしてきたものです。
私は、Wikipedia 外の項目の記事にも投稿数が多いので、今回のような件で、よくまちがえられますが、今回の記事は特許庁の同僚から編集されたもので、同僚からの記載です。
しかし『自己にふりかかった火の粉』被害者自身(削除され排除される者)がふり払わねばなりません。
私の同僚は、今回の事件に呆れかえっています。これ以上は加筆・修正ができないので、私にその依頼がきました。御賢察の程おねがいもうしあげます。--[[利用者:MasaoYAGIHASHI|Yagihashi]]([[利用者‐会話:MasaoYAGIHASHI|会話]]) 2012年4月2日 (月) 13:08 (UTC)Yagihashi Masao
このような事情ですので、御賢察の程おねがいもうしあげます。--[[利用者:MasaoYAGIHASHI|Yagihashi]]([[利用者‐会話:MasaoYAGIHASHI|会話]]) 2012年4月2日 (月) 13:08 (UTC)Yagihashi Masao
509

回編集