「休養王座」の版間の差分

m
(休養・正規の統一戦の扱いについて)
:統一戦の興行権が入札となった場合、休養王者と暫定王者の[[出場給#プロボクシング|ファイトマネー]]は55:45の比率で支払われる(WBAルールD.9-c、D.14-c)。
 
上記のルールでは、休養王座の他に、同時に正規王座を設けることは明文化されていないが、実際には休養王座・正規王座・暫定王座が併置されることがある。2012年34月に行われた休養王者・[[清水智信]]と正規王者・[[テーパリット・ゴーキャットジム]]の統一戦では、結果が引き分けとなった場合、両者を正規王者として並立させ、互いに次の試合での再戦を義務付ける方針が発表されている<ref>{{Cite web|url=http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012040300682|title=WBA、不合理な説明=問われる統括団体の姿勢-Sフライ級王座統一戦|date=2012年4月3日|publisher=[[時事通信社]]|accessdate=2012年4月3日}}</ref>。
 
== これまでの事例 ==
2,312

回編集