「日産ディーゼル・RN/EN」の版間の差分

→‎RN(ワンステップ路線バス): 年代との事実関係を訂正
(→‎RN(ワンステップ路線バス): 年代との事実関係を訂正)
== RN(ワンステップ路線バス) ==
=== 概要 ===
[[1996年]][[9月26日]]から発売されたRNは、[[日産ディーゼル・スペースランナーJP|JP]]を一括導入した[[京王帝都電鉄]](現[[京王バス]]グループ、以下京王バス)の要望を受けて開発した全長7m・全幅2.3mの[[ワンステップバス]]である。標準床路線バスでは既に[[三菱ふそう・エアロミディMJ]](後に路線用は全幅2,060mmの[[三菱ふそう・エアロミディME|エアロミディME]]に変わっている)や[[日野・レインボー#レインボー 7M・7W系|日野・レインボーHR7W]]、[[いすゞ・ジャーニーQ|いすゞ・MR]]が存在したものの、ワンステップの低床構造で[[車椅子]]用スロープ板を装着できるという点では日本初の試みであった。実は日産ディーゼルも路線バスの[[ダウンサイジング]]の可能性を模索しており、当時全国的に[[コミュニティバス]]が走り始めていたが、その多くは[[日野・リエッセ]]など、標準床の車両に電動リフトを取り付けた物が多く、[[車椅子]]での乗車には時間と手間を要し、また床が高いため高齢者や幼児の乗降が難しい状況だった。そこへ、ちょうど京王バスから「[[日産ディーゼル・スペースランナーJP|JP]]や[[日産ディーゼル・スペースランナーRM|RM]]よりも小ぶりなワンステップバスを」と打診されたことで開発がスタートした。京王バスグループ内では、そのボディの短さから「[[チョロQ]]」の愛称で呼ばれていた<ref>{{Cite journal|和書 |author= |year=2009 |month=5 |title=お疲れさま 京王の“チョロQ” 去り行く京王バスの日産ディーゼルRN |journal=[[バスラマ・インターナショナル]] |issue=113 |pages=pp. 49-51 |publisher=[[ぽると出版]]}}</ref>。
 
=== シリーズの変遷 ===
==== KC-RN210CSN ====
{{BusModelImage|RN+西工96MC|ファイル:Keiobus-b79952-mu02-20071004.jpg|ファイル:Keiobus-b79952-mu02-rear-20071004.jpg|KC-RN210CSN 京王バス中央}}[[1996年]][[9月26日]]に発売。
搭載機関は[[直列6気筒]][[OHV]]のFE6E型(195PS)で、三菱ふそう・エアロミディMJ同様、進行方向横置きとしてアングルドライブによって動力を伝達する。変速装置は[[フィンガーシフト|FCT]]5速マニュアルが採用されている。
 
当初、選択できる車体は[[富士重工業]]([[スバルカスタマイズ工房|伊勢崎事業所]])製R18型E(8E)のみであったが、[[1997年]]には[[西日本車体工業]]製96MCも加わる。富士重工製の第一陣は京王バスに納入、西工製は西鉄に納入された。
前中折戸の車両のほか、一部に前扉のみ(トップドア)の車両、引き違い窓(メトロ窓)の車両が存在する。なお、中扉を装備する場合は折戸のみとなっている。
 
富士重工製のものは1997年には[[西東京バス]]や[[京阪宇治交通]](合併により現在会社解散)にも導入された。京阪宇治交通の導入は上記の西鉄よりも僅かの差で早く[[西日本]]で初めてのRN導入であった<ref>導入台数は8台(京阪電気鉄道社内報「京阪」1997年6月号より。車両番号は<small>7</small>12M-<small>7</small>19M)。京阪宇治交通で導入された車両は[[1999年]][[1月11日]]付けで[[京阪宇治交サービス]]に譲渡され、現在はその分社会社である[[京阪宇治バス]]に再譲渡されている([[京阪宇治バス宇治営業所|宇治営業所]]に配置)。ただし1台は[[2003年]]初頭に京阪宇治交サービスの親会社であった京阪宇治交通に復帰後、その後合併を行った[[京阪バス]]に移籍([[京阪バス男山営業所|男山営業所]]に配置)したが、2008年12月に廃車となり[[静岡県]][[浜松市]]の[[浜松バス]]に売却した。京阪バスはこれとは別にKC-RN210CSNを2台導入している。なお[[2008年]]以降順次、京阪宇治バス所属車両の[[方向幕]]を[[発光ダイオード|LED]]に変更している。</ref>。同年以降、これら以外の他の事業者でも順次導入された。
 
==== KK-RN252CSN ====
9,603

回編集