「石上家成」の版間の差分

人物、参考文献、官歴情報追加
(人物、参考文献、官歴情報追加)
'''石上 家成'''(いそのかみ の いえなり、[[養老_(元号)|養老]]6年([[722年]])- [[延暦]]23年[[6月20日_(旧暦)|6月20日]]([[804年]][[8月3日]]))は、[[奈良時代]]から[[平安時代]]初期にかけての[[貴族公卿]]。[[左大臣]][[石上麻呂]]の孫で[[正六位|正六位上]][[石上東人]]の子。[[官位]]は[[従三位]]・[[宮内省|宮内卿]]。
 
== 経歴 ==
父が低い身分のうちに早世したために、左大臣の孫でありながら[[外位]]に叙され、外従五位下から[[従五位|従五位下]]に遷されたのは、[[天平宝字]]8年([[764年]])の[[藤原仲麻呂の乱|恵美押勝の乱]]鎮圧の功績によるものであった。この時併せて武功により[[勲等|勲六等]]の[[叙勲]]を受けている。[[神護景雲]]2年([[768年]])に[[上総国|上総]][[国司|守]]・[[勅旨省|勅旨少輔]]に任じられた。[[宝亀]]年間に入ると、従五位上から正五位下に昇叙、[[民部省|民部少輔]]・[[宮内省|宮内大輔]]を経て[[天応 (日本)|天応]]元年には[[従四位|従四位下]][[民部省|民部大輔]]に昇った。この年、[[権官|権]][[大納言]]の[[石上宅嗣]](家成の従兄弟)が没したため、[[石上氏]]の事実上の[[氏上]]となる
 
[[宝亀]]元年([[770年]])[[光仁天皇]]の[[即位]]に伴い従五位上に叙せられ、翌宝亀2年([[771年]])[[皇太子]]・[[他戸親王]]の[[春宮坊|春宮員外亮]]を兼ねた。宝亀3年([[772年]])5月に他戸親王が皇太子を廃されたのち、同年9月に政情調査のために[[南海道]]に、宝亀7年([[778年]])検税使として[[東山道]]へ派遣されるなど、地方行政の調査・監察にあたっている。同年[[正五位|正五位下]]、宝亀9年([[780年]])[[宮内省|宮内大輔]]。
その後、[[大宰府|大宰少弐]]や[[衛門府|衛門督]]、[[衛士府|右衛士督]]、[[内蔵寮|内蔵頭]]、[[宮内省|宮内卿]]などを歴任したのち、[[従三位]]に叙され[[公卿]]に列したが、外官出身が災いして[[議政官]]になることは無く、[[官人#官人の分類|散位]]のまま死去した。
 
[[桓武天皇]]が[[即位]]した[[天応 (日本)|天応]]元年には[[従四位|従四位下]]・[[民部省|民部大輔]]に叙任される。この年、[[大納言|権大納言]]・[[石上宅嗣]](家成の従兄弟)が没したため、家成は[[石上氏]]の事実上の[[氏上]]となる。その後、[[大宰府|大宰少弐]]・[[衛門府|衛門督]]・[[衛士府|右衛士督]]・[[内蔵寮|内蔵頭]]・[[宮内省|宮内卿]]などを歴任する。[[延暦]]10年([[791年]])従四位上に叙せられたのち、[[叙位]]時期は不明ながら[[従三位]]に叙され[[公卿]]に列した。[[延暦]]23年([[804年]])6月20日[[崩御#薨去|薨去]]。[[享年]]83。最終官位は散位従三位。
父親の身分の極端な低さや仕事は精勤するもののそれ以上の才が無かった事から、[[公卿]]には昇っても、ついに要職を任される事無く没した。これが以後の石上氏の衰退の大きな要因の一つとなる。
 
==関連項目 人物 ==
取り上げるべき才芸はなかったが、公務を忠実に勤めた<ref>『[[日本後紀]]』延暦23年6月20日条</ref>。{{要出典範囲|父親の身分の極端な低さや仕事は精勤するもののそれ以上の才が無かった事から、[[公卿]]には昇っても、ついに要職を任される事無く没した。これが以後の石上氏の衰退の大きな要因の一つとなる|date=2012年4月}}
 
== 脚注 ==
*[[物部氏]]
{{Reflist}}
*[[石上氏]]
 
== 参考文献 ==
*[[森田悌]]『日本後紀 (上)』[[講談社学術文庫]]、2006年
 
{{Japanese-history-stub|いそのかみのいえなり}}