「ポスト構造主義」の版間の差分

編集の要約なし
'''ポスト構造主義'''(ぽすとこうぞうしゅぎ、Post-structuralism)は1960年後半から1970年後半ごろまでにフランスで誕生した思想運動の総称である。アメリカの学会で付けられた名称であり当のフランスではあまり用いられなかった。「反」構造主義ではなく文字通り「post(~の後に)構造主義」と解釈すべきであるが明確な定義や体系は存在しない。[[構造主義]]、[[アンチヒューマニズム]]、[[ポストモダン]]とそれぞれ関係があり[[啓蒙思想]]を否定する。[[現象学]]者に最も影響を受けており、批評家のコリン・デイヴィスは「ポスト構造主義者でなく厳密にはポスト[[現象学]]者と言うべきである」と主張している。
 
代表的な思想家は[[ジャック・デリダ]]、[[ロラン・バルト]]、[[ジャン=フランソワ・リオタール]]、[[ジル・ドゥルーズ]]、[[ミシェル・フーコー]]など。ただしこれら思想家の間には思想的な共通性や関連性は必ずしもなく、これらの思想家で自らをポスト構造主義者と規定した者は一人もいない。
1,274

回編集