「二等辺三角形」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
この項では一般的な二等辺三角形について述べる。
 
同じ大きさの頂角を持つ二等辺三角形は全て互いに[[図形の相似|相似]]である。底角についても同様のことがいえる。
 
また、同じ大きさの頂角を持つ二等辺三角形は全て互いに相似である。
底辺どうしが重なり合うように二つの二等辺三角形を並べると[[菱形]]ができる。逆に菱形(あるいは[[凧形]])を対角線で2つに分けるといずれも二等辺三角形となっている。
 
線分の両側に、これを底辺とする 2 つの二等辺三角形を作って並べると、[[凧形]]ができる。とくに、2 つの二等辺三角形が合同である場合、[[菱形]]ができる。逆に、菱形や凧形を対角線で2つに分けて、二等辺三角形を作ることができる。特に、正方形を 1 本の対角線で 2 つに分けると、直角二等辺三角形が得られる。
 
正n角形の重心から各[[頂点]]に[[線分]]を引くとn個の二等辺三角形ができる。
 
[[円 (数学)|扇形]]の中心角を限りなく小さくすると二等辺三角形に近づく。
 
二等辺三角形を対称軸を中心として半回転させると[[円錐]]ができる。円錐の真横からの[[投影図]]のうち、立面図は二等辺三角形である。
 
[[角錐]]のうち底面が[[正多角形]]でその[[重心]]の真上に頂点のあるものは二等辺三角形からなる側面(底面以外の面)を持つ。また正n角形の重心から各[[頂点]]に[[線分]]を引くとn個の二等辺三角形ができる
 
[[角錐]]のうち底面が[[正多角形]]でその[[重心]]の真上に頂点のあるものは二等辺三角形の側面(底面以外の面)を持つ。また正n角形の重心から各[[頂点]]に[[線分]]を引くとn個の二等辺三角形ができる。
 
==関連項目==
匿名利用者