「ナヴィン・ラングーラム」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: no:Navinchandra Ramgoolam)
 
==経歴==
[[1947年]][[7月14日]]に生まれる。[[父]]は[[英連邦王国]]として独立を果たさせた[[シウサガル・ラングーラム]]。ナヴィン・ラングーラムは、[[アイルランド]][[首都]]の[[ダブリン]]で[[医師]]として修業に努め、[[1977年]]に[[医師免許]]を得た。また、[[政治家]]としての[[キャリア]]を積むため、[[修士]]の[[学位]]を[[ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス]]にて取得した。
 
モーリシャス4代[[首相]]Paul Bérengerが[[2005年]][[7月5日]]に退任後、Paul Bérengerと[[選挙]]で対立し、選挙に勝利し首相に就任した。所属政党は、首相が設立した[[モーリシャス闘争運動]]と連立した[[モーリシャス社会主義運動]]。
 
ナヴィン・ラングーラムの[[政策]]は、モーリシャス国民への無料交通の導入、高齢者に対する温厚政策などを行うために、モーリシャスの[[税制]]を厳罰化するなど、今までに無い[[改革]]が行われている。
 
実験を握るラングラームと、名誉職である大統領の[[アヌルード・ジュグノート]]との対立が激化し、ジュグノートは2012年3月31日で辞任するに至った<ref>{{Cite news
|url=http://sankei.jp.msn.com/world/news/120330/asi12033020550003-n1.htm
|title=モーリシャス大統領辞任へ 首相と対立
|work=MSN産経ニュース
|newspaper=[[産経新聞]]
|date=2012-03-30
|accessdate=2012-04-06
}}</ref>。
 
== 出典 ==
{{Reflist}}
 
{{先代次代|5代[[モーリシャスの首相]]|[[2005年]] - |Paul Bérenger|-}}
 
{{Politician-stub}}
{{MU-stub}}