「空手道」の版間の差分

[[ファイル:Motobu_Choki.jpg|left|thumb|外国人ボクサーを一撃で倒した[[本部朝基]]。空手の真価を実力でもって証明し、空手の存在を一躍全国に知らしめた。]]
[[ファイル:Funakoshi_Gichin.jpg|right|thumb|[[船越義珍]]。本土において初めて空手を本格的に指導し、また史上初の空手書の出版などを通じて、その普及に尽力した。]]
最近の研究によれば、最初に本土へ[[唐手]]を紹介したのは、明治時代に東京の尚[[侯爵]]邸に詰めていた琉球士族たちであったと言われている<ref>藤原稜三『格闘技の歴史』657頁参照。</ref>。彼らは他の藩邸に招かれて唐手を披露したり、[[揚心流]]や[[起倒流]]などの[[柔術]]の町道場に出向いて、突きや蹴りの使い方を教授していたという
 
また、[[1908年]](明治41年)、沖縄県立中学校の生徒が京都[[武徳会]]青年大会において、武徳会の希望により唐手の型を披露としたとの記録があり、このとき「[[嘉納治五郎|嘉納博士]]も片唾を呑んで注視してゐた」<ref>『球陽』第18号、1909年、沖縄県公文書館所蔵。高宮城繁・仲本政博・新里勝彦『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、736頁参照。</ref>というように、本土武道家の中にはすでにこの頃から唐手の存在に注目してする者もいた。
 
しかし、唐手の本格的な指導は、富名腰義珍(後の[[船越義珍]])や[[本部朝基]]らが本土へ渡った[[大正]]以降である。[[1922年]](大正11年)5月、[[文部省]]主催の第一回体育展覧会において、富名腰は唐手の型や組手の写真を二幅の掛け軸にまとめてパネル展示を行った<ref>船越義珍『愛蔵版 空手道一路』149頁参照。</ref>。この展示がきっかけで、翌6月、富名腰は嘉納治五郎に招待され、[[講道館]]で嘉納治五郎をはじめ200名を超える柔道有段者を前にして、唐手の演武と解説を行った。富名腰はそのまま東京に留まり、唐手の指導に当たることになった。([[船越義珍#本土時代]]も参照。)
 
同じ頃、関西では[[本部朝基]]が唐手の実力を世人に示して、世間を驚嘆させた。同年11月、たまたま遊びに出かけていた京都で、本部は[[ボクシング]]対柔道の興行試合に飛び入りで参戦し、相手のロシア人ボクサーを一撃のもとに倒した。当時52歳であった。この出来事が国民的雑誌『[[キング (雑誌)|キング]]』等で取り上げられたことで、本部朝基の武名は一躍天下に轟くことになり、それまで一部の武道家や好事家のみに知られていた唐手の名が、一躍全国に知られるようになったと言われている<ref name="meijinden">長嶺将真『沖縄の空手・角力名人伝』新人物往来社、昭和61年、144頁参照。</ref>。本部は同年から大阪で唐手の指導を始めた。富名腰や本部の活動に刺激されて、日本本土では大正末期から昭和にかけて大学で唐手研究会の創設が相次いだ。
1,554

回編集