「岩手県営体育館」の版間の差分

彰国社刊・日本建築学会編「大架構の空間 体育館」(ISBN4-395-23151-9 C3352)を参照して加筆
(彰国社刊・日本建築学会編「大架構の空間 体育館」(ISBN4-395-23151-9 C3352)を参照して加筆)
|旧用途=
|収容人数=2,500人(固定席 1,625席)
|設計者=[[日本大学]][[小林美夫]]研究室
|施工=[[鹿島建設]]、[[住友建設]]
|施工=
|建築主=
|事業主体=
|管理運営=岩手県スポーツ振興事業団
|構造形式=鉄骨鉄筋コンクリート造、PC版及び吊ケーブルによるサスペンション構造
|構造形式=
|敷地面積=13,440m<sup>2</sup>
|建築面積=4,110m<sup>2</sup>
|延床面積=6,394m<sup>2</sup>
|階数=
|高さ=
|着工=
|竣工=1967年6月
|所在地郵便番号=020-0133
|所在地=岩手県盛岡市青山2-4-1
== 概要 ==
[[1970年]]開催の[[国民体育大会]](みちのく国体)での使用を考慮して[[1967年]][[6月]]に開設。岩手県に現存する体育館の中で最も歴史のある老舗体育館のひとつ。
 
主空間の長軸方向に架けられた2本のメインアーチと主空間の外周部をリング状に囲むリングアーチの間をワイヤーケーブルによるつり屋根で構成し、特徴的な意匠を形成している。
 
老朽化が進んでいる、駐車場が狭い(普通車173台、バス6台収容)等いくつかの問題点を抱えながらも、[[球技]]や[[武道]]、[[プロレス]]興行の会場等として利用されている。
* アリーナ面積1,877m<sup>2</sup>
 
== 開催された主な競技会・イベント ==