「受胎告知」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.6.4) (ロボットによる 追加: mk:Свето Благовештение)
<!--英語や仏語の Annunciation (また、同じくラテン語に由来する同様の諸西欧語も)は、キリスト教の文脈に限っても、告知一般を指し、必ずしも「受胎告知」だけを示すわけではない(例えば、マリアの死の告知など)。その意味においては、「聖告」や「お告げ」の方が Annunciation の翻訳語としては適切だろう。-->
 
これを記念する祭は東方に始まり、[[中世]]に西方につたわった。現在も[[カトリック]]教会や[[東方教会]]などでは3月25日、東方教会では4月7日をこれを記念して祭日としている。カトリック教会では「お告げの祭日」と呼ぶ。[[正教会]]では「[[生神女福音祭]]」とし、[[十二大祭]]のひとつである。
 
==[[福音書]]における記述==
1,139

回編集