「メタ言語」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.6.5) (ロボットによる 追加: ko:메타 언어)
編集の要約なし
'''メタ言語'''(メタげんご)とは[[言語]]を定義するための言語。それだけでは具体的な利用に関する目的をもっておらず、特定のルールを加えることで具体的な応用として利用可能となる。
 
[[コンピュータ]]分野では、[[Standard Generalized Markup Language|SGML]]や[[Extensible Markup Language|XML]](ただしこれらの「M」は「マークアップ」)などのメタ言語が存在している。
 
メタ言語で作られた文書に対する構造を定義する言語を[[スキーマ言語]]という。[[マークアップ言語]]はメタ言語とスキーマ言語を組み合わせることで機能する。 例えば[[HyperText Markup Language|HTML]]4.01 は[[Standard Generalized Markup Language|SGML]]に Strict、Transitional、Framesetという3種類の[[Document Type Definition|DTD]]による定義により実装されている。