「日本人」の版間の差分

}}</ref>。
 
[[考古学]]の観点からは、弥生早期の遺跡に外来系の土器が[[玄界灘]]に面した大きな遺跡からしか発見されていないことから、弥生人(渡来系)の人数を1割程度に見積もる研究者が多い<ref name=shino>篠田謙一『日本人になった祖先たち』(2007年)p185</ref>。一方で、[[人類学]]者による研究では大量の渡来があったとされ(埴原和郎で100万人、宝来聰で65%が渡来系)、この両者の違いがあったが、人類学者の中橋孝博らによる人口シミュレーションにより、農耕民の弥生人は狩猟民である縄文人よりも人口増加率が高いことが示され、渡来が少数でも数百年で圧倒的な数になることが示された<ref name=shino/><ref>『日本人はるかな旅・5/そして日本人が生まれた』(NHK出版)</ref>。ただし最新弥生時代研究により遺跡で出土した人骨では、北九州や山口県をのぞく地域では縄文系とされる人骨の方が多く、弥生時代においても実際に稲作を行っていたのは縄文人であり、集落郡調査等からも弥生譜を引く人々実数当初よりかなり少なが明らか思われる。特なって東日本におては渡来系とされ人骨の比率は2割に満たない
 
=== 稲作の起源とその考古学的分析 ===
匿名利用者