「大田原藩」の版間の差分

m
二重リダイレクト回避
編集の要約なし
m (二重リダイレクト回避)
[[大田原氏]]は下野国の[[大名]]・[[那須氏]]に属する[[豪族]]衆・[[那須七騎|那須七党]](那須七騎)の一つであった。
 
[[天正]]18年([[1590年]])、[[豊臣秀吉]]の[[小田原の役|小田原征伐]]のとき、主家の那須氏は[[小田原市|小田原]]に参陣しなかったが、[[大田原晴清]]は小田原に参陣したため、7,000余[[石高|石]]の所領を安堵された。[[慶長]]5年([[1600年]])[[関ヶ原の戦い]]で、晴清は東軍に与して下野国[[小山市|小山]]に参じた後、帰国して[[会津若松市|会津]]の[[上杉氏]](西軍)の動きに備えた。この戦功により、戦後、[[徳川家康]]から5,000石を加増され、1万2,000石を領する[[大名]]となった。
 
第3代藩主・[[大田原高清|高清]]は弟の[[大田原為清|為清]]に1,000石を分知し、以後、表高は1万1,000石となった。以後、大田原氏は小藩ながら、[[外様大名]]として[[明治時代]]まで存続した。