「鹿島氏」の版間の差分

m
鎌倉幕府草創期、鹿島家当主だった[[鹿島三郎政幹]]は弟の[[六郎頼幹]]([[林氏]]始祖)と共に、[[源頼朝]]上洛、御所昇殿の砌に他の御家人と共に付き従うなど、[[鎌倉幕府]]の諸行事に参加するなどした(『[[吾妻鏡]]』による)。頼朝は鹿島神宮を篤く信仰していたと見られ、鹿島の地頭である鹿島氏も必然的に頼朝との接点が多かったと推測される。頼朝の後継者は頼朝ほど鹿島神宮を信仰しなかったので、鹿島一族は次第に幕府中枢からの距離ができたが、それは幕府の内紛に巻き込まれることなく、[[三浦氏]]などの御家人のように粛清されることもないという側面も生んだ。
 
==  南北朝以後  ==
鎌倉幕府が倒れ、南北朝時代になると、鹿島氏は北朝方について功績があった。そこで、[[足利氏]]は鹿島氏当主を鹿島神宮の惣大行事職に補任し、代々世襲していくことになった。また、併せて鹿島氏当主は[[従五位]]相当官(おもに[[受領]])に任官するようになる。
『[[鹿島治乱記]]』によると、幼少にして鹿島氏の[[家督]]を継いだ[[鹿島義幹]]は姦臣を近づけ、[[暴政]]を布いたために、[[家老]]たちが示し合わせて近隣の[[江戸]]や[[行方]]の兵を鹿島に入れ、[[謀反]]を起こした。作者は、鹿島義幹による鹿島城改築を、[[秦]]の[[始皇帝]]の[[阿房宮]]造営になぞらえ、原因のひとつとしている。
 
[[徳川氏]]の代になると、鹿島氏の子孫は下総に落ち延びていたので、旧家臣たちが幕府に嘆願し、家の[[復興|再興]]を願った。[[徳川家康]]はこれを許し、[[鹿島惣大行事家]]として存続することになった。石高は200石。尚、鹿島氏の一族は、庶子等も含めると、[[旗本]]になったもの、[[水戸藩]]藩士になったもの、[[高松藩]]藩士になったもの(高松藩は水戸家の分家のため)、[[帰農]]したものと多岐に渡る。
 
== 系譜 ==
*[[桓武天皇]]-[[葛原親王]]-[[高見王]]-[[平高望]]-[[平国香]]-[[平繁盛]]-[[平維幹]]-[[平為幹]]-[[平繁幹]]-[[平清幹]]-[[鹿島成幹]]-[[鹿島政幹]]-[[鹿島胤幹]]-[[鹿島忠幹]]-[[鹿島宗幹]]-[[鹿島幹景]]-[[鹿島幹氏]]-[[鹿島幹定]]
2,672

回編集