「堀辺正史」の版間の差分

編集の要約なし
(あまりに読み辛いので個別のテンプレートをまとめて「複数の問題」に戻す。「ページ番号」は「参照方法」と同じ意味なので除去。「特筆性」はあると判断しこれも除去)
|宣伝 = 2011-09
}}
'''堀辺 正史'''(ほりべ せいし、[[1941年]][[10月14日]] - )は、[[日本]]の[[武術]]家。日本武道傳骨法創始師範。{{要出典範囲|date=2012年2月|[[中華民国国術会]]顧問。}}[[茨城県]][[水戸市]]出身。[[奈良時代]]より日本に伝わる独自の[[拳法]]という[[骨法 (格闘技)|骨法]](こっぽう)の正統継承者を称する。[[武名]]は堀辺正史源一夢(ほりべせいしみなもとのいちむ)。
 
== 経歴・人物 ==
著書『喧嘩芸骨法』において、「[[東條英機]]の[[ボディーガード]]を務めた父からその技を相伝され、骨法司家の第52代を襲名し、伝統的骨法の修行の傍らケンカ・他流試合に明け暮れた日々の中から、実戦的な格闘技術を習得、古流の骨法を改革した」と称している。
 
{{要出典範囲|date=2011年9月|東京の東中野に道場を開き、元々は一子相伝であった骨法を『喧嘩芸骨法』として世に公開する。[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]「[[スーパージョッキー]]」ではたけし軍団を相手にして整体術を公開。[[アントニオ猪木]]、[[高野攘治|ザ・コブラ]]、[[藤波辰爾|藤波辰巳]]、[[獣神サンダー・ライガー]]、[[船木誠勝]]など[[プロレスラー]]にその技を伝えたことで、主に[[プロレス]]を中心とする[[格闘技]]ファンから注目される。当時[[週刊プロレス]]編集長だった[[ターザン山本]]も彼に注目し、との共著も著している。また、[[1990年代]]に入り、[[対戦型格闘ゲーム]]『[[餓狼伝説]]』の[[アンディ・ボガード|キャラクター]]に骨法の使い手が登場、若者にもその名が知られるようになる。
 
[[1994年]]の[[総合格闘技|バーリトゥード]]時代の幕開けに合わせて、喧嘩芸路線を捨て、より競技性を重視した格闘技路線に変更し『日本武道傳骨法』へと改称。}}
 
骨法[[整体]]も教えており、また漫画家の[[小林よしのり]]と親交がある。}}
=== 過去の大東流との関わり ===
弟子としてのどの程度の所属状態だったのかは不明だが、過去の一時期に[[吉丸慶雪]](吉丸貞雄)の紹介で[[大東流佐川道場]]に在籍していたことがあり、吉丸と共同で『換骨拳』の道場を立ち上げた際に、「大東流」の名称の使用を巡って[[佐川幸義]]と揉めることとなり、結果的に吉丸もろとも佐川道場を離れることとなった。
 
吉丸慶雪『[http://homepage2.nifty.com/aiki-rentai/newpage3.html 木村達雄様詰問状]』より<br />
「堀辺先生には私が紹介して佐川先生の三元直伝まで受けてもらいました。(佐川幸義先生免許  正伝大東流合気武術  中伝三段)……」<br />
上記文書は、吉丸の佐川道場離門後、佐川派の主たる後継者となった木村達雄が著作『透明な力』においての吉丸に対する批判的な言動に対して、吉丸が弁明のために記してネット上に公開したものである。
 
* 『命賭けの論理』 ベースボール・マガジン社
* その他
 
== 会報の「骨法通信」 ==
* 創刊号・特集「喧嘩・格闘技・モラル」 平成3年4月10日
* 第七号・特集「格闘競技の現状と未来」 平成4年3月10日
* 以後は休刊中
 
== 関連項目 ==
* [[忍者八門]]
* [[風忍]]・[[桜井和夫]] - 堀辺の半生を描いた漫画『ケンカ必殺拳・骨法』の作画・原作を担当(堀辺は監修を担当)。
* [[骨法伝説夢必殺拳]] - 監修
 
== 外部リンク ==
* [http://koppo.jp/ 日本武道傳骨法會公式サイト]
49,118

回編集