メインメニューを開く

差分

Objective-Cのクラスは定義部と実装部に分かれており、通常定義部を.hファイル、実装部を.mファイルに記述する。後述のカテゴリによりクラス定義を複数のパートに分割できる。
 
'''MyObject.h'''
<source lang="objc">
// クラスの定義 (MyObject.h)
@interface MyObject : NSObject {
int val;
id obj;
}
</source>
 
<source lang="objc">
+ (void)classMethod:(id)arg; // クラスメソッド
- (id)method:(NSObject*)arg1 with:(int)arg2; // インスタンスメソッド。arg1は型付き
@end
</source>
 
// 実装 ('''MyObject.m)'''
<source lang="objc">
// 実装
@implementation MyObject
+ (void)classMethod:(id)arg {
77

回編集