「レストレード」の版間の差分

レストレード複数説
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: zh:雷斯垂德探長)
(レストレード複数説)
 
捜査官としては常に[[シャーロック・ホームズ|ホームズ]]の後塵を拝し、その能力についても折につけ酷評されているような印象があるものの、ホームズの[[スコットランド・ヤード]]をはじめとする警察組織全体に対する評価と比べると、『[[ボール箱]]』などで語られる彼のレストレード警部に対する評価は意外に高く、時には『[[六つのナポレオン]]』のように警察の組織力を活用してホームズを驚かせるほどの短時間で被害者の身元を割り出すなど、彼の有能さを示す描写も作中に見ることができ、『[[空き家の冒険]]』でも久々に再会した喜びを述べる中、ホームズに「一年に迷宮入り殺人事件が3件も出るようでは、さぞかし非公式の助力が必要だろう」と指摘されながらも、それに続いて「モウルジー事件での手際はいつもとは違い、なかなか見事だった」と少々皮肉混じりではあるが、その手腕を評価される一幕があった。
 
しかし、物語への登場期間の長さに反して、作中でのレストレードの[[階級 (公務員)|階級]]は初登場時から一貫して警部のままであり、新聞でも常々有能と称される世間の評判と裏腹に一階級も昇進した様子はない。そのため、「[[シャーロック・ホームズシリーズ|ホームズ作品]]に登場するレストレードなる人物は、実は複数存在するのではないか」と言う意見もある。
 
== ホームズとの交流 ==
 
主にレストレード警部が担当している事件にホームズが関わっていくのが多いのだが、『[[バスカヴィル家の犬]]』、及び『[[空き家の冒険]]』ではホームズからの依頼に応じて警部が現地へと駆けつけており、特に『空き家の冒険』の際にはホームズとの会話から、彼自身の意思で捜査に協力したことが窺える。
 
== レストレード二人説 ==
1881年の事件とされる『[[緋色の研究]]』においてすでに20年の経験があると記され、1902年の事件『[[三人ガリデブ]]』にも登場しているため、40年にわたり警察官として活動していたことになる<ref>ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、383-384頁</ref>。物語への登場期間の長さに反して、作中でのレストレードの[[階級 (公務員)|階級]]は初登場時から一貫して警部のままであり、新聞でも常々有能と称される世間の評判と裏腹に一階級も昇進した様子はなく不自然である。さらに、レストレードのホームズに対する態度が、1894年の事件である『[[空き家の冒険]]』と翌1895年の『[[ノーウッドの建築業者]]』で一変していることから、「[[シャーロック・ホームズシリーズ|ホームズ作品]]に登場するレストレードなる人物は2人存在し、『空き家の冒険』と『ノーウッドの建築業者』の事件の間に入れ替わったのだと言う説がある<ref>この2人のレストレードは父親と息子であると仮定されている。原田正人「レストレイド二人説」『シャーロック・ホームズ大事典』小林司、東山あかね編、東京堂出版、2001年、932-933頁</ref>。
 
== 登場作品 ==
344

回編集