「天久宮」の版間の差分

(→‎由緒: 訂正)
[[明治時代]]に入り、 [[沖縄県の歴史#琉球処分|琉球処分]]により琉球王国が廃され[[沖縄県]]が置かれると、当社は近代社格制度により無格社とされた。『琉球宗教史の研究』によれば、沖縄県行政府では当社を村社に列することを立案したが、経済的な理由から村社列格が出来ず、また社殿その他の設備においても不備な点が多々あって村社列格が事実上不可能であることから、とりあえず無格社として残置し、追々維持拡張整備して村社に引き直す根基を充実するよう努めることになったとしている<ref name="shukyoushi5-4-2">『琉球宗教史の研究 第5編 明治の宗教政策 第4章 社寺組織の改革 第2節 神社組織の改革』より。『琉球宗教史の研究』1965年。</ref>。
 
さらに『琉球宗教史の研究』によれば、当時地元の民衆と信仰的に直接結合していたのは[[御嶽 (沖縄)|御嶽]]拝所であり、無格社となり日本政府の経済的保障がなかった当社は、その後経済的にも信仰的にも見るに耐えない無残な状態を呈することとなり、腐朽にまかせて拝殿は失せ、本殿は[[昭和]]12年([[1937年]])大音響と共に逆転倒壊して逆立状態となったとしている<ref name="shukyoushi5-5-1">『琉球宗教史の研究 第5編 明治の宗教政策 第5章 神社の列格並に創立 第1節 琉球八社』より。『琉球宗教史の研究』1965年。</ref>。しかし社頭の案内板『天久宮由緒』<ref name="shato">[[:ファイル:Ameku-gū.JPG|右の鳥居画像]]で鳥居の左に写る案内板</ref>によれば、社殿は[[太平洋戦争]]の最中である昭和19年([[1944年]])の[[十・十空襲]]で焼失したと述べている。
 
『天久宮由緒』<ref name="shato"/>によれば、社殿を失って後、[[戦後]]しばらくは御嶽の形式で奉祀していたが、昭和47年([[1972年]])に現在の社殿を建立、同年に奉鎮祭を斎行している。
13,203

回編集