「パレフ」の版間の差分

イコンには板絵も壁画もあります
m (r2.6.4) (ロボットによる 変更: be:Пасёлак гарадскога тыпу Палех)
(イコンには板絵も壁画もあります)
'''パレフ'''({{lang-ru|'''Пáлех'''}}, {{lang-en|Palekh}})は[[ロシア]]・[[イヴァノヴォ州]]にある都市型集落(町)でパレフスコゴ地区の行政中心地。州都[[イヴァノヴォ]]と東の[[ニジニ・ノヴゴロド]]を結ぶ街道の途中にある。イヴァノヴォ州第3の街[[シューヤ]]からは東へ30km。[[人口]]は5,814人([[2002年全ロシア国勢調査|2002年国勢調査]])。
 
[[18世紀]]以来、パレフはロシアの伝統美術工芸、とりわけ[[イコン]][[絵画]]、宗教的[[壁画]]制作の中心地のひとつであった。[[1762年]]から[[1774年]]にかけて築かれた[[十字架挙栄祭|十字架挙栄]]聖堂にはこの地の伝統的なイコン壁画イコンを含む)の好例がある。
 
[[1918年]]には装飾美術に携わってきた人々が新たな絵画制作のための組合を作り、[[1920年代]]にはイヴァン・イヴァノヴィチ・ゴリコフが最初の[[漆]]による[[細密画]]『楽園のアダム』をモスクワで発表した。この特徴的な様式は後にパレフ細密画と呼ばれるようになる。細密画の発展のため、[[1924年]]にはパレフ古典絵画組合、[[1932年]]にはパレフ芸術家協会、[[1953年]]には芸術制作工房が結成されてきた。
17,409

回編集