「窓関数」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Window_function_(Kaiser; alpha = 3 pi).png|thumb|カイザー窓、<math>\alpha = 3 \,</math>]]
{{main|{{仮リンク|カイザー窓|en|Kaiser window|label=カイザー関数}}}}
Kaiser window。カイザー‐ベッセル窓 (Kaiser‐Bessel window) ともいうが、後述のカイザー‐ベッセル派生窓と紛らわしい。[[J・F・カイザー]]<!--James F. Kaiser-->が考案した。
 
実数パラメタ <math>\alpha \geq 0 \,</math> を持つ( <math>\beta = \pi \alpha \,</math> をパラメタとすることもある)。<math>\alpha \,</math> が大きいほど、ダイナミックレンジは広く、周波数分解能は悪くなる。2つの性能を連続的にトレード・オフできるのが特長である。周波数分解能はおおよそ <math>\sqrt \alpha</math> に反比例する。
匿名利用者