「土井利武」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''土井 利武'''(どい としたけ、[[正徳 (日本)|正徳]]4年([[1714年]]) - [[享保]]18年[[6月10日 (旧暦)|6月10日]]([[1733年]][[7月20日]]))は、[[唐津藩]]の嫡子。2代藩主[[土井利実]]の長男。母は[[阿部正邦]]の娘。官位は[[出雲国|出雲]]守。
 
生まれたときから病弱であり、享保18年(1733年)に僅か20歳で若死した。利実には、長男の利武しか実子がいなかったことから、分家の[[土井利清]]の長男・[[土井利延|利延]]を[[養子]]に迎え、3代藩主とした。
 
{{DEFAULTSORT:とい としたけ}}
[[category:土井氏|としたけ]]
[[Category:江戸時代の人物武士]]
[[category:1714年生]]
[[category:1733年没]]
{{People-substub}}
{{Japanese-history-stub}}
匿名利用者