「泣いて馬謖を斬る」の版間の差分

m
罠があった
m編集の要約なし
m (罠があった)
 
==「正史」と『演義』における違い==
この故事に関する記述は、[[三国志 (歴史書)|正史]]と小説『[[三国志演義]]』で若干異なっている。
 
「正史」では「諸葛亮は彼(=馬謖)のために涙を流した」と書かれている。つまり、軍律を守る為に愛弟子を処刑することになり、彼のことを思って諸葛亮は泣いたとされている。
1,366

回編集