「九州攻め」の版間の差分

微加筆
(→‎影響: 微加筆、lk)
(微加筆)
{{otheruseslist|豊臣秀吉による九州平定戦|日本史上で「九州平定」と称される諸事象全般(源範頼、懐良親王、今川貞世によるものなど)|九州平定|足利尊氏による九州攻め制圧戦|多々良浜の戦い|秀吉の九州平定にともなう知行割り|九州国分|}}
{{Battlebox|
battle_name=九州攻め
|}}
 
'''九州攻め'''(きゅうしゅうぜめ)は、[[天正]]14年([[1586年]])7月から同15年([[1587年]])4月にかけて行われた[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]](1586年9月9日、[[豊臣]]賜姓)による[[九州地方]]への進攻戦、秀吉が全国統一の一環としておこなった[[島津氏]]をはじめとする反豊臣勢力に対する平定戦である<ref>[[#日本史辞典|「九州攻め」『角川新版 日本史辞典』(1997)p.274]]</ref><ref name=yamakawa>[[#広辞典|「九州攻め」『日本史広辞典』(1997)p.602]]</ref><ref name=imai>[[#今井|今井「九州攻め」(2005)pp.857-860]]</ref>。[[中国攻め]]・[[四国攻め]]によって[[中国地方|中国]][[四国地方]]を平定した秀吉が九州地方の制圧に乗り出したことで始まった。「島津攻め」や「九州平定(戦)」、「九州征伐」などの名称で呼ばれることも多い(詳細は「''[[#呼称と開始時期について]]'' 」参照)。
 
== 呼称と開始時期について ==
天正年間([[1573年]]-[[1592年]])に入ると、九州地方西部では、それまでの[[大友義鎮]](宗麟)の勢力下にあった[[肥前国]]で[[龍造寺隆信]]の動きが活発化し、肥前一国をほぼ征服、さらに[[筑後国|筑後]]・[[肥後国|肥後]]方面にも勢力を拡大していった。こうして[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]後半の九州では、盛強な[[戦国大名]]三者による三つ巴の抗争が展開されるようになったが、これを「大友・龍造寺・島津の三氏鼎立時代」などと呼称することがある<ref name=owada06>[[#小和田1|小和田「九州停戦令と九州攻め」(2006)pp.187-214]]</ref>。このなかから、[[薩摩国|薩摩]]の島津氏が台頭し、[[日向国|日向]]の[[伊東氏]]、肥後の[[相良氏]]、[[阿蘇氏]]、肥前の[[肥前有馬氏|有馬氏]]らを下し、天正12年([[1584年]])の[[沖田畷の戦い]]では龍造寺隆信をも敗死させた。さらに、天正13年([[1585年]])には、大友氏の重鎮[[立花道雪]]の死により大友氏の支配がゆるんだ筑後の[[国人]]衆も傘下に収めて[[北九州地方]]への影響力も強めて、[[九州平定]]をほぼ目前にした<ref>[[#熱田|熱田(1992)p.243]]</ref>。[[豊後国|豊後]]の大友宗麟は、島津氏の圧迫を回避するため、当時[[近畿]]、[[四国]]、[[中国地方|中国]]の各地方を平定して天下統一の道を歩んでいた羽柴秀吉に助けを求めた。
 
天正13年[[7月 (旧暦)|7月]]に関白となった秀吉は、同年[[10月2日 (旧暦)|10月2日]]、島津氏と大友氏に対し、[[朝廷]]の権威を以て停戦を命令した([[惣無事令|九州停戦令]])。しかし、大友氏は停戦令をすぐさま受け入れたのに対し、島津氏側は家中で激しい議論となった末に停戦令受諾の方針を決定するとともに家臣[[鎌田政近]]を秀吉のもとへ派遣して、島津はかつて[[織田信長]]の[[調停]]にしたがって停戦を守ろうとしたのにもかかわらず大友氏側が攻撃を仕掛けてきたので防戦したものであると弁明させた<ref name=ike62>[[#池|池「九州征服」(2003)pp.62-65]]</ref>。
 
さらに島津氏の当主[[島津義久]]は天正14年(1586年)1月、[[源頼朝]]以来の名門島津が秀吉のごとき「由緒なき仁」(成り上がり者)を関白として礼遇しない旨を表明した<ref name=ike62/>。これに対して秀吉は、同年3月、秀吉が島津氏の使者鎌田政近に対して占領地の過半を大友氏に返還する国分案を提示している。具体的には、筑前を秀吉の直轄領とし、肥後・豊前の半国および筑後を大友氏に、肥前を毛利氏にあたえ、それ以外は島津氏の本領として安堵するというものであった<ref name=imai/>。回答期限は7月であったが、島津側は「神意」としてこれを拒否<ref name=fujiki153>[[#藤木|藤木(2001)pp.153-154]]</ref>、[[細川藤孝]](幽斎)の添状には回答して大友氏攻撃を再開し、九州統一戦を進めたため、秀吉は大友氏の手引きによる九州攻めに踏み切った<ref name=hayashiya369>[[#林屋|林屋(1974)pp.369-371]]</ref><ref group="注釈">義久の兄弟のうち、義弘も家久もこのとき主戦派であったが、ただ歳久のみは対豊臣和平を主張していた。しかし、最後まで秀吉に抵抗の姿勢を示したのも歳久であった。</ref>。
 
島津氏側としては、すでに九州地方の大半が島津領であるという現状を無視した秀吉の[[九州国分]]案は到底受け入れがたいものであった<ref name=fujiki153/><ref group="注釈">[[藤木久志]]は、この戦役について秀吉側が「[[征伐]]」と呼称しているのは、いったんは停戦令を受諾して使者を派遣しておきながら、最後に島津側が秀吉の国分案を拒否したことが許せないということによるものであろうとしている。[[#藤木|藤木(2001)pp.153-154]]</ref>。
 
それに対し、天正14年[[4月5日 (旧暦)|4月5日]]、[[大坂城]]に秀吉を直接たずね、島津氏からの脅威を取りのぞいてくれるよう懇願した<ref name=okamoto269>[[#岡本|岡本「九州の情勢」(1969)pp.269-271]]</ref><ref name=owadahe>[[#小和田2|小和田「戸次川の戦いと鶴賀城(2007)pp.125-128]]</ref><ref group="注釈">大友宗麟が秀吉に救援を求めたのは、これが初めてではなく、天正12年(1584年)以来のことであった。[[#岡本|岡本「九州の情勢」(1969)p.269]]</ref>。宗麟を迎えた秀吉は上機嫌で、みずから[[茶の湯]]をたてて宗麟に振る舞い、また、みずから[[天守閣]]に案内したといわれている<ref name=okamoto269/>。秀吉としては、対立していた[[徳川家康]]との和議が成立し妹の[[朝日姫]]と家康の婚儀もまとまって、10日後には朝日姫が大坂から浜松へうつることとなっていたからため、背後の憂いなく九州に出兵できる態勢が整いつつあり、ま宗麟は、秀吉の弟[[豊臣秀長]]からも「内々の儀は宗易([[千利休]])、公儀の事は宰相(秀長)相存じ候、御為にあしき事は、有るべからず候。」(『大友家文書録』)という温かい言葉をかけられた<ref name=okamoto269/>。かくして、秀吉は大友氏救援を名目として九州に攻め入ることを決定した
 
秀吉と黒田孝高は、九州攻めにあたって、なるべく豊臣本隊を使うことなく、すでに秀吉に帰服していた[[毛利輝元]]・[[吉川元春]]などの中国地方の大名、あるいは[[長宗我部元親]]・[[十河存保]]などの四国地方の大名を用いようとした<ref name=owada07/>。秀吉が天正14年[[4月10日 (旧暦)|4月10日]]付で毛利輝元にあてた覚書には、[[城郭]]の補強、豊前・肥前から人質をとること、[[西海道]]にいたる道路の修造、および[[赤間関]]([[山口県]][[下関市]])への兵糧蔵の建造を命じている<ref name=okamoto269/>。
 
== 経緯 ==
10,501

回編集