「渡辺浩弐」の版間の差分

編集の要約なし
{{Infobox 作家
'''渡邊 浩弐'''(わたなべ こうじ、1962年10月4日)は、[[福岡県]][[福岡市]]出身の[[作家]]。ゲーム・映像ソフト制作会社「GTV」[[代表取締役]]、[[早稲田大学]][[大学院]]非常勤講師も勤めている。
| name = 渡邊浩弐<br />(わたなべ こうじ)
| birth_date = {{生年月日と年齢|1962|10|4}}
| birth_place = 福岡県
| occupation = [[小説家]]<br />[[ゲームクリエイター]]<br />[[漫画原作者]]
| language = {{JPN}}
| nationality =
| period =
| genre = [[サイエンス・フィクション]]
| notable_works = [[ゲーム・キッズ]]シリーズ<br />[[プラトニックチェーン]]シリーズ
| awards =
| debut_works =
}}
'''渡邊 浩弐'''(わたなべ こうじ、1962年10月4日 - )は、[[福岡県]][[福岡市]]出身の[[作家]]。ゲーム・映像ソフト制作会社「GTV」[[代表取締役]]、[[早稲田大学]][[大学院]]非常勤講師も勤めている。
 
== 概要 ==
駆け出しライターとして、映画会社の[[東宝]]で企画書を執筆していたが、1986年に[[ファミコン名人]]を主役にした映画『[[GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦]]』の構成を担当したことから、コンピュータゲーム業界に入る<ref>『[[ゲームラボ]]』2008年12月号、[[三才ブックス]]。</ref>。
 
[[家庭用ゲーム機]]草創期である[[1988年]]、[[ビデオ]]を使った月刊のゲーム情報マガジン[[GTV (ビデオマガジン)|GTV]](ゲーム・テック・ビデオ)をCBSソニー出版(現[[ソニー・マガジンズ]])より創刊。当時はビデオマガジンが注目されており、車情報やアイドル情報を扱った[[ビデオマガジン]]が書店やコンビニエンスストアで発売されていた時代である。
 
[[ゲーム雑誌]]のビデオマガジンとしては、[[ファミリーコンピュータMagazine]]誌からファミマガVideoも発刊されていたが、GTVは翌1989年まで15号を数え、もっとも成功した部類となった。CBSソニーでの発刊が終了して以降も[[1992年]]までに、版元を[[アスキー (企業)|アスキー]]、[[タカラ (玩具メーカー)|タカラ]]、[[パイオニア]]と替えてGTVブランドのビデオマガジンを単発で刊行した。
 
渡邊が知名度を上げたのは、[[1989年]]に[[テレビ東京]]系火曜夕方6時台のゲーム情報番組[[大竹まことのただいま!PCランド]]に出演してからである。当初はGTV代表の肩書きで、ゲームの解説を行なうのみだったが、やがてバラエティーコーナーにも参加するようになった。[[中国拳法]]の特集で中国拳法の達人に肋骨を折られるなど、様々なエピソードを残している。
 
またPCランド初期では黒縁眼鏡にぼさぼさの頭、地味な服装と典型的な[[おたく|オタク]]の風体だったが、番組中期にスタッフによってイメージチェンジ作戦が行われ、これまでとは打って変わって御洒落なスタイルへと変貌、以後現在に至るまでこのスタイルを通すようになった。これはマル勝スーパーファミコン誌に連載した渡邊本人のエッセイによると、番組開始当初より意図して行なったものという。
 
[[週刊ファミ通]]([[エンターブレイン]])に連載した小説『[[ゲーム・キッズ|1999年のゲーム・キッズ]]』で本格的に作家活動を開始。[[星新一]]の影響を受けた[[ショートショート]][[サイエンス・フィクション|SF]]で、いくつかの作品はテレビドラマ化([[世にも奇妙な物語]]など)や映画化された。また、『1999年のゲーム・キッズ』は[[1995年]]のドラマ『[[BLACK OUT]]』(「原案」クレジット、ノベライズも著述している)と[[1997年]]のドラマ『[[いとしの未来ちゃん]]』(「資料提供」クレジット)のアイデアソースとして映像化されている。以後、小説や各種デジタルメディア評論で、雑誌執筆やテレビ出演を数多くこなす。また、この頃に[[桃井はるこ]]の才能を見いだし、「バーチャリアン子」と名づけ、メディアの世界に引き込んだりもした。
 
現在は執筆活動のみならず、GTV代表としてあらゆるデジタルメディアのクリエイターとして活動している。その他、最近では[[ニワンゴ]]協力のもと、メールを返信することで続きが送信されてくる電子小説を執筆し、展開している。講談社BOXのKOBO CAFEの雇われ店長をしてい
 
2010年頃からは、[[ニコニコ生放送]]の公式放送ゲームのじかんにレギュラー出演している。同番組内ではよく衝撃発言が飛び出す。「家出以来実家に帰っていない」「親の顔をほとんど忘れました」、「[[高橋名人]]が『夜の16連打』『俺のジョイスティックが…』とか言ってましたよ」など。
 
== 著書 ==
* モニター上の冒険([[宝島社]]、1992年1月)ISBN 4-7966-0258-5
** モニター上の冒険X(メディアワークス[[電撃文庫]]、1995年5月)ISBN 4-07-302741-7
* Mの暗号(共著、[[メディアファクトリー]]、1993年)
* ヴァーチャリアン嘘つかないMの暗号共著、[[メディアファクトリクス]]、199419933月)ISBN 4-88991-288-6
* ヴァーチャリアン嘘つかない {{small|マルチメディアの正体を暴く}}([[メディアワークス]]、1994年3月)ISBN 4-07-300943-5
* [[ゲーム・キッズ|1999年のゲーム・キッズ]](アスペクト/[[幻冬舎]]文庫、1994年) - ドラマ「[[BLACK OUT]]」原作
** マルチメディア・バカ(メディアワークス電撃文庫、1995年5月)ISBN 4-07-302758-1
* 1999年のゲーム・キッズ<2> マザー・ハッカー(アスペクト/幻冬舎文庫、1994年)
* [[ゲーム・キッズ|1999年のゲーム・キッズ]]([[アスペクト (企業)|アスペクト/[[幻冬舎]]文庫、1994年4月)ISBN 4-89366-192-2 ドラマ[[BLACK OUT]]原作
* モニター上の冒険X(メディアワークス、1995年)
** 1999年のゲーム・キッズ(解説:[[楡周平]]、[[幻冬舎]]文庫、1997年4月)ISBN 4-87728-455-9
* マルチメディア・バカ(メディアワークス、1995年)
* マザー・ハッカー {{small|1999年のゲーム・キッズ<3> デジタルな神様II}}(アスペクト/幻冬舎文庫1995199410月)ISBN 4-89366-274-0
** マザー・ハッカー {{small|1999年のゲーム・キッズII}}(解説:[[柳美里]]、幻冬舎文庫、1997年11月)ISBN 4-87728-531-8
* [[BLACK OUT]](幻冬舎/幻冬舎文庫、1996年) - 同名ドラマノベライズ作品
* 2000デジタルな神様 {{small|1999年のゲーム・キッズIII}}(アスペクト、1997199512月)ISBN 4-89366-439-5
** デジタルな神様(解説:[[アンドロメディア太田忠司]](幻冬舎/幻冬舎文庫、199719996月)ISBN 4- 同名映画原作87728-751-5
* [[BLACK OUT]](幻冬舎/幻冬舎文庫、1996年3月)ISBN 4-87728-098-7 同名ドラマノベライズ作品
* 2000年のゲーム・キッズ<2> 夢ビデオ(アスペクト、1997年)
** BLACK OUT(解説:[[小谷真理]]、幻冬舎文庫、1999年11月)ISBN 4-87728-808-2
* 2000年のゲーム・キッズ<3> バーチャル・アイドル・クラブ(アスペクト、1998年)
* 2999[[ゲーム・キッズ|2000年のゲーム・キッズ]](アスペクト、199919973月)ISBN 4- 同名ゲーム原作89366-679-7
** 聖人プログラム~29992000年のゲーム・キッズ短編集~(アスペクト(解説:[[井上雅彦]]、幻冬舎文庫、2000年10月)ISBN 4-344-40039-9
* [[アンドロメディア]](幻冬舎、1997年5月) ISBN 4-87728-161-4 ※同名映画原作
* 「ひらきこもり」のすすめ([[講談社現代新書]]、2002年)
** アンドロメディア(解説:[[大森望]]、幻冬舎文庫、1998年6月)ISBN 4-87728-613-6
* [[プラトニックチェーン]]シリーズ([[エンターブレイン]]/[[スクウェア・エニックス]](漫画版、作画:[[遠野ヤマ]])、2003年~)
* 2999{{small|2000年のゲーム・キッズII}} 完全版夢ビデオエンターブレインアスペクト2003199712月)ISBN 4-89366-822-6
* {{small|2000年のゲーム・キッズ<3>III}} バーチャル・アイドル・クラブ(アスペクト、1998年2月)ISBN 4-89366-926-5
* アトランシティー([[小学館]]IKKIコミックス、2003年、漫画原作(キャラクター原案:[[岡崎武士]]、作画:[[加倉井ミサイル]]))
* [[ゲーム・キッズ|2999年のゲーム・キッズ]](アスペクト、2000年1月) ISBN 4-7572-0660-7 ※同名ゲーム原作
* 中野ブロードウェイ探偵ユウ&AI([[講談社ノベルス]]、2003年)
* 2000聖人プログラム〜2999年のゲーム・キッズ<2> 夢ビデオ短編集〜(アスペクト、199720002月)ISBN 4-7572-0667-4
* 晴れときどき女子高生/プラトニックチェーン([[集英社]]、2004年)
* 「ひらきこもり」のすすめ {{small|デジタル時代の仕事論}}([[講談社現代新書]]、2002年11月)ISBN 4-06-149631-X
* iKILL ィキル([[講談社BOX]]、2006年)
** ひらきこもりのすすめ2.0(表紙・挿絵:[[西島大介]]、[[講談社BOX]]、2007年4月)ISBN 978-4-06-283625-8
* [[プラトニックチェーン]]01([[エンターブレイン]]、2003年2月)ISBN 4-7577-1281-2
* 2999年のゲーム・キッズ 完全版DX(講談社BOX、2008年)
* 2999年のゲーム・キッズ 完全版(エンターブレイン、2003年3月)ISBN 4-7577-1328-2
* 吐田君に言わせるとこの世界は(講談社BOXピース、2009年)
** 2999年のゲーム・キッズ 完全版DX(表紙・挿絵:[[TAGRO]]、講談社BOX、2008年5月)ISBN 978-4-06-283659-3
* iKILL 2.0([[星海社FICTIONS]]、2011年)
* プラトニックチェーン02(エンターブレイン、2003年4月)ISBN 4-7577-1367-3
* {{small|怪人21世紀}}中野ブロードウェイ探偵 ユウ&AI(表紙・挿絵:[[緒方剛志]]、[[講談社ノベルス]]、2003年6月)ISBN 4-06-182321-3
* プラトニックチェーン03(エンターブレイン、2004年8月)ISBN 4-7577-1966-3
* 晴れときどき女子高生/{{small|プラトニックチェーン}}表紙・挿絵:[[集英社岡崎武士]]、[[ジャンプ ジェイ ブックス]]、2004年12月)ISBN 4-08-703152-7
* ィキル iKILL(講談社BOX、2006年12月) ISBN 4-06-283608-4 ※「プレイヤー」改題
** iKILL ィキル(表紙・挿絵:[[ざいん]]、[[星海社]]FICTIONS、2011年5月)ISBN 978-4-06-138804-8
* {{ルビ|吐田|はんだ}}君に言わせるとこの世界は(講談社BOXピース、2009年1月)ISBN 978-4-06-283678-4
* iKILL 2.0(表紙・挿絵:ざいん、星海社FICTIONS、2011年10月)ISBN 978-4-06-138813-0
* 死ぬのがこわくなくなる話(表紙・挿絵:ざいん、星海社FICTIONS、2012年4月)ISBN 978-4-06-138826-0
<!--* 1999年のゲーム・キッズ〈上〉(表紙・挿絵:[[竹 (イラストレーター)|]]、星海社文庫、2012年5月)ISBN 978-4-06-138933-5-->
 
=== 漫画原作 ===
<!--* [[エンカウンター〜遭遇〜]](全5巻、作画:[[木ノ花さくや]]、[[新潮社]]、2003年)※2巻から。小林ユウ名義-->
* {{ルビ|@RUN-CITY|アトランシティー}}[[小学館]]IKKIコミックス、2003年全1巻漫画原作(キャラクター原案:[[岡崎武士]]、作画:[[加倉井ミサイル]]))、[[小学館]][[月刊IKKI|IKKI COMIX]]、2003年5月)ISBN 4-09-188311-7
* [[プラトニックチェーン]]シリーズ全5巻、作画:[[エンターブレイン遠野ヤマ]]/[[スクウェア・エニックス]](漫画版作画:[[遠野ヤマ]]2004 - 2006年、2003年~)
* [[プラトニックチェーン|プラトニックチェーン Selected Stories]](全3巻、スクウェア・エニックス、2004 - 2005年)
 
==雑誌連載==
* 渡辺浩弐の日々是コージ中([[扶桑社]][[SPA!|WebSPA!]]連載)
* COMPUTER GOD(バーン・コーポレーション[[BURRN!]]連載)
* 中野ブロードウェイ改造計画([[三才ブックス]][[ゲームラボ]]連載)
* Hな人人(ショートショート、[[講談社]][[ファウスト (文芸誌)|ファウスト]]連載)
* 怪人21世紀、プレイヤー(小説、[[講談社]][[メフィスト (文芸誌)|メフィスト]]連載)
 
==出演番組==
===テレビ===
* [[大竹まことのただいま!PCランド]](1989年 - 1992年、[[テレビ東京]])
* [[聖PCハイスクール]](1992年、テレビ東京)
* [[そのまんま東のバーチャル情報局]]/[[そのまんま東のバーチャルZ]](1992年 - 1993年、テレビ東京)
* 高城剛X(1993年 - 1994年、テレビ東京)新宿三郎としても出演
* レヴォリューションNo.8(1994年、フジテレビ)渋谷二郎として出演
* [[トゥナイト2]] (2000年、[[テレビ朝日]])ゲーム紹介コーナーでのインタビュー出演など
* [[スーパーマリオスタジアム (テレビ番組)|スーパーマリオスタジアム]](1995年 - 1996年、テレビ東京)
* [[小園総研]](1995年 - 1996年、[[中京テレビ放送|中京テレビ]])※[[日本テレビネットワーク協議会|日本テレビ系]]全国ネット
* [[D's Garage21]](1999年 - 2001年、テレビ朝日)
 
===web===
 
==外部リンク==
* [http://www.gtvnet.co.jp/ GTVNET]
* [http://www.gtvnet.co.jp/watanabe/Virtuali_an_top.html 渡辺浩弐のバーチャリ庵]
* [http://ch.nicovideo.jp/channel/ch242 ニコニコチャンネルGTV]
*[http://twitter.com/ {{Twitter|kozysan |渡辺浩弐 (kozysan) on Twitter]twitter}}
 
{{DEFAULTSORT:わたなへ こうし}}
1,272

回編集